「へんな話」が口癖の人の心理 とは!?


1f602a788c14e17218a5802d733d096f0_s10



スポンサードリンク

「変な話、コンビニ数より美容室の数の方が多いんだってさ」
「変な話、食べ放題ってなんで成立すんのかな?」
「変な話、営業部の山田転勤になるんだよね」

ぜんぜん変ではないのに「へんな話」を枕詞に使う人がいます
とくに男性に多い気がしますが、いませんか?こういう「へんな話」が口ぐせの人。

なぜ変わった話でもないのに「へんな話」と言ってしまうのでしょうか?
へんな話好きに隠された心理をご紹介します。



スポンサードリンク

腹を割って話したいという気持ちの表れ!?

男性は他の人に勝ちたいという欲求が強く、たとえ友達であってもライバル心を持っています。素の自分を見せる事ができず、友達に悩みを相談する事もありません。

だからこそ、男性は 腹を割って話せる「親友」という存在に憧れます
なんでも言いたい事を言い合って、腹を割って話したいと思っています。
でも、内気な性格の人はなかなか腹を割って話せる親友ができません

だから、 ウソでも腹を割って話せる相手が欲しいんですね。
それが言葉になって表れたのが「へんな話」です。

『変な話』の心の中では
「こんなへんな話をするのは、腹を割って話せるお前だけだ」という意味が含まれています。その他にも「ぶっちゃけた話」とか「ここだけの話」も同じです。

自分たちは親友で、なんでも話せる深い仲だよな?という事を押し付けているのです。
 自己チューな人ですね。

自分は腹を割っていない人が多い!?

この言葉を使う人は、 一見気楽そうに見えるけど実は自己防衛心が強く、腹を割って話せない根暗な人に多い傾向があります。

親友が欲しい、でも自己開示するのは億劫、だからウソの自己開示をしよう
その結果「へんな話」「ぶっちゃけた話」「ここだけの話」として現れます。
俺とお前は深い仲だ!と自分に言い聞かせ、相手にも感じて欲しいと思っています。

内面はとってもナイーブで弱い人なんです。
嫌われることを恐れていて、みんなと仲良くしたいと思っています。でも根暗だから積極的に話す事ができない。

だから、『へんな話』と言われた人は、決してぞんざいに扱わないようにしてあげてください。ナイーブな心はすぐに傷つき、バリバリの壁が余計に厚くなってしまいます。

「へんな話」と言ってきたら、優しく聞いてあげる事で本当に自己開示してくるようになります。



スポンサードリンク


コメントを残す