【七五三(753)】参拝はいつ行く?写真撮影のタイミングは?


七五三にいつ行くのか、タイミング迷いませんか?
YOU85_shichigosanchitoseami1305500-thumb-946x500-3925



スポンサードリンク

11月15日っていう日は知っているけど、当日は混んでいてクタクタになるのはイヤだし、
写真撮影もすると、子どもがグズってしまいそう。楽して、いっぱい楽しむために、七五三の参拝に行く日や写真撮影のタイミングについてまとめました。



スポンサードリンク

 七五三っていつ行くのが良い?

七五三は、男の子が3歳と5歳、女の子が3歳と7歳の年の11月15日に行うお祝いの行事です。そこで、悩むのが

・対象の年齢になる前の行くか?(数え年)
・対象の年齢になる年に行くのか?(満年齢)
という事。

もとは、数え年で行っていたようですが、現在は対象の年齢になる年(満年齢)に行くのが一般的のようです。ただ、地域によって風習がありますので、まわりの人に確認するのが良いでしょうね。

 ≪なぜ数え年と満年齢の2つ存在するのか?≫
日本では大昔から数え年を使ってきました。それは宗教的な意味合いが強く、胎児の時から命があるとの考えから、生まれてきた時には1歳になっているいう事です。
その後、明治時代に入り外国の文化が入ってきてから、政府が満年齢を推奨するようになり、
満年齢が日本に定着したようです。

いつのタイミングで行くのか?ですが、11月15日に行くと混雑してうんざりするので、
最近は時期をずらす人が多いようです。
筆者のオススメは10月中旬から10月後半です。
9月だと厚いし、11月に入ると混雑するので、その中間の10月に参拝しましょう。
ただし、神社によっては11月に入ってからしか受け付けしない場合もあるので事前に確認するほうが良いでしょう。

 記念写真を取るタイミングは?

04416x
これも悩む所ですよね。
・参拝当日に写真撮影をして、一度に終わらせてしまうか
・負担を分散させるために、参拝前の日に写真撮影するのか(前撮り)

オススメは前撮りです。
七五三当日はやる事が目白押しです。参拝の後は親戚への挨拶、その後は食事会など。
そこに写真撮影も入れてしまうと、本当に1日行事になってクタクタになります。

それに、お子さんに色々な衣装を着させて楽しみたいと思いませんか?
写真は一生残るものです。思い出に残る写真にするためにも、写真撮影に時間を掛けましょう。

時期は参拝に行くちょっと前の時期が良いと思います。
早い人だと、4月に前撮りする場合もありますが、
4月だと気分が盛り上がらないし、子どもにしても「何の写真を撮っているのか」ピンとこずに、思い出に残りにくいと思います。それに春先は他の行事が一杯あってそれどころではありませんよね。

7月以降になると厚いし、夏休みで日焼けした顔になってますので、見栄えも悪くなります。
9月はまだまだ残暑がきついので、これもオススメできません。

いちばん気分が盛り上がってきて、かつ気温も良い時期が10月です。

ただ、この時期は予約も殺到しますので、なるべく早く予約を入れておくことをオススメします。

【まとめ】
 3歳、5歳、7歳になる年に行く
 行く時期は10月後半(※神社によって開始時期が異なるので注意)
 写真撮影は前撮りしておいて、当日はゆっくりと祝いましょう!



スポンサードリンク


コメントを残す