【七五三(753)】子どもに伝えたい由来や思い


七五三の由来とか意味ってなんとなく曖昧だったりしませんか?
post-img_2012-10_c-06



スポンサードリンク

「子どもの健康を祝う行事」って事は知っているけど、なんとなくしかわからない
「行事だからやっている」という方も多いと思います。
実は、七五三にはとても深い意味がありました。親としてお子さんに伝えて欲しい七五三の由来や、込められた思いについてまとめてみました。



スポンサードリンク

 子どもに伝えたい七五三の由来や思い

七五三は子どもが無事に成長したことに感謝し、これからの健やかな成長を祝うという行事です。しかし、本当は3歳、5歳、7歳とそれぞれ違う行事なんです。

3歳は髪を伸ばし始める事を祝う「髪置き」
5歳は初めて袴をつけられるようになることを祝う「袴着」
7歳は大人の装いができるようになる事を祝う「帯解」

私は調べて初めて知りましたが、昔は3歳までは男女問わず髪の毛を剃っていたのですね。今なら絶対ないですよね。もし丸坊主にしていたら何かの宗教か虐待?なんて思われるかもしれません。

まぁ、ここまでの事は色々なサイトで書いているので、ご存知の方も多いはずです。
では、ここから本題。
なぜ、3歳、5歳、7歳と3回も祝う必要があるのでしょうか?
なぜ、3歳の時まで髪の毛を剃っていたのでしょうか?

そこには深~い理由があったのです!

 4.8秒に1人の幼児が死亡するという現実

ちょっと重い感じですみません^^。
130913_05

世界では1年間に死亡する5歳未満の幼児が660万人います。4.8秒に1人が死亡しています。また、1000人の5歳未満児あたり48人が死亡しています。

これでも1990年の1260万人と比べて半分以下になっているので素晴らしい成果です。
※2012年ユニセフ報告より

日本ではありえない、と思うかもしれませんが、日本でもたった40年前までは同じような状況だったのです。
子どもが生きている事が当りまえの時代はほんの数十年に過ぎないのです。

3歳、5歳、7歳と3回も祝う理由は子どもが生きている事を喜びたいからです。
3歳まで髪の毛を剃るのは、昔は髪の毛から菌が入って病気になると信じられていたからです。
それほど、子供が生きている事は当たり前ではなかったのですね。

まだ世界には多くの子どもが七五三を祝えない状況がある事を知っておきましょう。
そのうえで、お子さんに対して、
ここまで健康に育ってくれたことに対してありがとうを伝えましょう
これからも健康でいて欲しい事、愛している事を伝えてあげましょう

七五三の本当の目的はそこにあるのだと思います。



スポンサードリンク


コメントを残す