【月見うどん】簡単な作り方とその由来についてまとめました


お供えは面倒だけど、月見を楽しみたい!
tm_recipe_u0108



スポンサードリンク

月見だんごとかサトイモとか、お供え物は面倒くさい
でも、お月様に感謝して、健康と幸せを手に入れたい。

楽してお月様と交信できる方法は無いだろうか?

その夢を叶えてくれる存在が月見うどんです!

簡単な作り方と、月見うどんの由来について調べました



スポンサードリンク

月見うどんはいつから食べられていたのか?名前の由来は?

k-omote
月見うどんが食べられ始めたのは、筆者の推定ですが江戸時代です。
はっきりと「月見うどん」と名前が登場しません、この頃の物価辞典に「卵とじそば」とあるので、卵を使ったうどんもあったと思います。
また、この頃には生卵をご飯にかけてたべる「卵飯」も登場するなど、生卵を食べる習慣があった事が推測されるので、うどんに生卵を入れた人もいたのでは?と思います^^。

「月見うどん」の名前について
まず、名付け親に会ってみたいですね!
とてもGOODなネーミングです!ありがとう先祖さん!

月見うどんは月見の風情をどんぶりの中に表現した一品です。ススキに見立てた海苔(またはとろろ昆布)に、お月様の生卵を割り入れて、薬味で飾り付けすれば月見うどんと名乗っていいみたいです。

海苔は必須みたいで、ノリがないと月見うどんではないそうです

本当の月見うどんを作る裏ワザ

「月見うどん」なのに、白身が白くなっていない月見うどんを見かけます。
白い雲(白身)の上にお月様(黄身)がのぞいている」状態が正式な月見うどんです。

では、その正式な月見うどんの作る裏ワザをお伝えします!
1⃣うどんを湯がく
2⃣器にうどんを盛って、中心にくぼみを作り、
ここがポイント!この時点で生卵を割り入れておく
3⃣ダシを沸騰させて、生卵の上からゆっくりと流しかける
4⃣ここがポイント!ラップをして1分間待つ!
すると完成したのがこちら↓↓↓(あくまでイメージです)

2010090810053221004

出典:http://www.sun-syokuhin.co.jp/category/staffblog/category21

さらに、詳しく作り方を知りたい方はこちらの動画でどうぞ

月見うどんだけじゃない!こんな月見料理はどうですか?

月見料理はうどんだけではありません。
せっかくのお月見なのですから、気分を盛り上げる為にも豪華な月見料理を作ってみましょう。

【栗ごはん】
974ac8db25309829e8762ff53927559c秋の味覚と言えば栗ですよね~。甘くてホクホクしてとっても美味しい^^。
でも、本格的に栗ご飯を作るとなると、栗を湯がいて、皮をむいて、と
めんどくさいですよね。

そこで、市販の甘栗を使って簡単に作れる栗ご飯をご紹介します。
<<<作り方はこちらから

【ふわふわ月見つくね】
0f77162a259603f85ff17f756c934a1fメイン料理につくねはどうですか?まぁ卵黄を付け合せているだけで「月見」と言うのはどうかと思いますが、細かい事は気にしないで、美味しい料理を食べましょう^^。
作り方も簡単ですし、子どもにも喜ばれる味ですので、ぜひ作ってみてください!
<<<作り方はこちらから
【キノコ汁】
277e9c5cd8a886a66990ce98ad97b3d5ヘルシーな秋の味覚と言えばキノコですよね~。香りを楽しみながら秋を感じる事ができて、しかもいくら食べても太らない!女性に強い味方のキノコのスープをご紹介します
<<<作り方はこちらから
【月見バーガー】
ff1011f8ec077ec8f4c459a4c7f33f2b (1)
洋食派に月見バーガーはいかがでしょうか?マクドナルドに負けないぐらい美味しくできる月見バーガーをご紹介します。
子どもは絶対喜ぶので、ぜひ作ってあげてください!
<<<作り方はこちらから



スポンサードリンク


コメントを残す