うんこの話|朝にうんこを気持ちよく出す方法


7007117179_01bfc56b4d_b



スポンサードリンク

「朝に大便をするのが良い」と誰が言い出したかは分かりませんが、
朝に大便をするのは理にかなった方法です。

うんこをドサッと出して、スッキリした状態で会社や学校に行く。
とても清々しい気持ちになりますよね^^。

今回は、便秘の人も朝の快便を達成するための方法をご紹介します。



スポンサードリンク

野菜を食べる

朝の快便を達成するためにも、まずはうんこを作らなくては始まりません。
うんこの主な成分は「水」「残りカス」「腸内細菌」です。

このうち、水以外の成分は食事で意図的に増やすことができます。
残りカスと腸内細菌を増やすためには「食物繊維」を取ってください。

食物繊維は消化吸収されず残りカスとして大腸に到達します。
またイヌリンなどの食物繊維は善玉菌を特異的に増加させる役割があります。

よく食物繊維が大事だからといって、ごぼうばかり食べた結果便秘になってしまったという人がいますが、
それは、不溶性食物繊維の取り過ぎです。特定の野菜だけでなく、色々な野菜をバランスよく食べるように心がけてください。

腸を刺激する

うんこを作ったら、次は出してあげましょう。
その為には腸を刺激する必要があります。

腸が動くのは「胃に食べ物が入った時」と「寝た状態から立った時」です。
胃に食べ物が入ると、ベルトコンベアーのように腸がぜんどう運動を開始して、兄貴分を外に出そうとします。
また、胃に食べ物が入っていなくても、寝ている状態から立つことによって、腸が反射的に活動を開始します。
だから、朝にうんこをするのが理にかなっているのですね。

その時に腸を刺激する物を食べると効果的です。
例えば
・冷たい水
・牛乳
・コーヒー
などです。

また、起きてから腸を動かす運動をするのも効果的です。
・お腹を伸ばす
・お腹をひねる
・腰を回す
などです。

これらを組み合わせた最適な朝の快便プランは
1⃣朝起きたら、その場で上に書いた運動をする
2⃣冷蔵庫の中の冷たい牛乳でコーヒー牛乳を作り飲む
3⃣朝食をしっかり食べる
4⃣30分程度待つ

以上を試してみてください。
初めはなかなかうまく行かなくても、続けることできっと朝快便を手に入れる事ができるでしょう。

肛門括約筋トレーニング

便秘の人は肛門括約筋が緩んでいる可能性があります。
上の「快便プラン」が功を奏しなかった場合は、肛門括約筋トレーニングを試してみてください。

【肛門括約筋トレーニング】
1⃣まずお尻の力を抜いてください
2⃣立った状態で足をピタッとつけて、直立姿勢を取ってください
3⃣肛門を意識しながら、一気にお尻を内側に寄せます
4⃣3秒間キープしてください
5⃣一気に緩めてください。

1日10セットぐらい続けてください。
肛門括約筋トレーニングは、高齢になった時の便失禁の予防にも効果があるので、
ぜひやってみてくださいね!



スポンサードリンク


コメントを残す