うんこを出す具体的な方法をご紹介【即効性】


この記事は、女性の為に書いています。

PAK85_lalaonakaitaidesu20140321500-thumb-900x600-4469



スポンサードリンク

うんこが出ないと辛いですよね。いわゆる便秘というやつです。
なぜ女性に便秘が多いのかというと、女性ホルモンの一つである黄体ホルモンが影響しています。

黄体ホルモンは月経をコントロールしているホルモンで、月経から排卵までの期間働きます。

この「月経から排卵までの期間」に便が出ない時期が続くことはありませんか?
それは黄体ホルモンが腸のぜんどう運動を抑えているからです。

その他にも女性が便秘になりやすい理由として



スポンサードリンク

女性が便秘になりやすい理由は?

女性が便秘になりやすい理由を知る事で、うんこを出す方法を知るヒントに繋がります。
女性が便秘になりやすい理由として

 普段の生活が忙しく、トイレに掛けられる時間が少ない
女性は朝起きてから出勤するまでの間、息をつく暇もありませんよね。身支度時時間が掛かるし、結婚していたら朝ごはんや弁当を作ったり、子どもを送り届けたりと、ゆっくりなんてできませんよね。その他にも、とにかく女性は男性よりもトイレに掛けられる時間が少ない。これが便秘になる理由の一つです。
 腸の長さが男性と同じ
女性は男性よりも筋力が弱いにも関わらず、腸の長さは同じです。
ぜんどう運動も平滑筋という筋肉によって動くので、男性よりも筋力の少ない女性は当然不利になるわけです。
 腹筋が弱い
これもごく当たり前ですが、女性は男性よりも筋力が弱いので、排便時もうんこを出す力が弱く、一気に出す事ができない事もあります。「残便感」が生じてすごくイヤな気分になります。
 小食、食物繊維不足などの食生活
うんこを出すためには、うんこの素を作る必要がありますが、食事をせずにお菓子を食べたり、食事量が少なかったり、野菜を食べなかったりと、うんこの材料が不足している傾向にあります。

便秘が引き起こす体のトラブル

便秘はそれだけで不快なものですが、さらに思わぬ体のトラブルを引き起こします。
1⃣吹き出物やニキビ
化粧のりが悪くなった、ニキビや吹き出物が出てきた、顔色が悪くなった、肌のツヤが悪くなった、、、、などの肌のトラブルは便秘が引き起こしている可能性があります。

 便秘になると新陳代謝が悪くなり、その為にホルモンの代謝が落ちる
 腸内の悪玉菌から大量に発生したガスが吸収されて、体を循環する
 自律神経の働きが低下して皮膚の血行が悪くなる

これらが原因で吹き出物やニキビができてしまうんですね。
2⃣口臭、体臭が臭う
最近なにか口臭がクサイ。ニンニクとか臭いのするものを食べていないのに、、、。便秘になると、悪玉細菌が発生した大量のガス(アンモニア、スカドールなど)が血液に溶け込み、体を循環します。このガスは体にとって害なので、体外に出さないといけません。その方法が口であったり、皮膚だったりするのですね。
3⃣肩こり、腰痛、頭痛まで便秘が原因!?
腸内にガスがたまると背中や腰を圧迫するので、周辺に痛みを生じる事があります。腰や背中が張るような感じがしているのなら、便秘が原因の可能性があります。また便秘によって自律神経が乱れる事で、肩こりや頭痛も引き起こす事も考えられます。
4⃣うつ病
うつ病にかかる人に便秘が多い事から、便秘とうつ病との関係が考えられています。うつ病にまでならなくても、ずっと便秘と付き合っていくのかと考えると、気分が落ち込んだり、イライラしたりと日常生活に悪影響を与えます。

うんこを出す具体的な方法はコレ!

うんこを出すための基本は

【うんこを出すための基本】
 時間を確保する
 うんこを出しやすい物を食べる
 材料となる食物繊維を取る
 腸のぜんどう運動を助ける


1⃣排便のオススメ時間は夜!

「排便は朝がゴールデンタイム!」と言われていますが、朝にゆっくり時間を確保できるはずがありませんよね。

朝起きてから出勤するまで息つく暇もないのですから。また体は戦闘モードに入っているので、便意を催している暇はないのです。

仕事から帰ってきて、ホッと落ち着ける夜の時間帯がオススメです。副交感神経が優位になっているので、便意も催すには最適の環境です。

2⃣酪酸菌(+乳酸菌+オリゴ糖)

腸内を正常に保つために乳酸菌が知られていますが、酪酸菌という菌が腸内細菌のバランスを保つという事で注目されています。

酪酸菌は乳酸菌よりも胃酸に強いことがわかっており、大腸の粘膜に直接働きかけてぜんどう運動を助けます。

酪酸菌の腸内細菌に関する多くの論文が発表されており、その効果が期待されている所です。この酪酸菌と乳酸菌、そしてオリゴ糖が便秘に対する最強トリオです。

【オススメの酪酸菌】
ミヤリサン錠 630錠

3⃣便秘に一番効くヨーグルトの食べ方

最近では乳酸菌が生きて腸まで届くタイプのヨーグルトが多いのですが、
問題は食べる量です。

よくある1食分に分けられたカップタイプの物1つだと、便秘を解消させる為には少ないです。
便秘を解消させる為に必要な量は1日300gだと言われています。

4つに分けられているタイプなら4つ全てを1日で食べましょう。
気になるのがカロリーですが、脂肪分ゼロのものだとカロリーも低いのでオススメです。

特にオススメのヨーグルトは「明治ブルガリアヨーグルトLB81そのままおいしい脂肪0プレーン」です。朝食にフルーツと一緒に一度に食べると効果的です。

【オススメのヨーグルト】
ブルガリアヨーグルト LB81そのままおいしい脂肪0プレーン 450g ×6個

4⃣炭酸水×人工甘味料

うんこを出すために大腸のぜんどう運動は必要ですが、ぜんどう運動を起こす為には胃に十分な食べ物が入らなければいけません。ベルトコンベアと同じ仕組みで、胃の中に物が入ってくるとセンサーが働き大腸が動き出すのです。

ただいつも食べているワケにもいかないので、大腸ンサーを働かすために「炭酸水」が有効です。炭酸が胃の粘膜を刺激してセンサーを働かせる役割があるからです。そこにプラスしてお腹をゆるくさせる効果がある人工甘味料を使うと効果が上がります。

5⃣食物繊維×水

うんこの素になる食物繊維を取るのは良いのですが、その時に水を一緒に取らないと逆効果です。逆にお腹がパンパンになって、便秘を助長する事にもなってしまいます。
食物繊維の多い野菜を食べた時は、同時に水分も多くように心がけてください。

目安は1日1.5リットルの水を飲みましょう

 

6⃣ぜんどう運動を促す簡単エクササイズ
全身ストレッチ
仰向けに寝て、一本の棒になったように腕を伸ばします。お腹を意識しながらピンと上下に体を伸ばします。
その状態で大体10秒程度キープ
ひねり運動
仰向けに寝た状態で、ひざを曲げ左右に倒します。膝を倒した方向と違う方向に顔を向けます。
左右10回ずつ
簡単腹筋エクササイズ
イス座った状態でお腹に手を当て、ゆっくり前に体を倒します。
10回程度が目安です

オススメの便秘解消グッズはコレ!

ストレッチとか運動なんて面倒!もっと簡単に楽に腸を動かしたい。
そんな方にお勧めのグッズをご紹介します。

EMSマシーン

EMSとは筋肉電流刺激の事で、腹筋に電流を流す事で筋力を鍛えようとするものですが、同時に腸に刺激を与えるという効果もあって、お腹のシェイプアップと便秘解消という一石二鳥のアイテムです。爆発的にヒットしており、
累計販売台数がなんと5万台
レビュー件数は1000件オーバーで、総合得点が4.23と高得点です。

 

金魚運動マシーン

寝転んで足を載せるだけで、お腹を揺らしてくれる優れものです。夜のテレビタイムの時に1時間程度使うと良いでしょう。使っている最中は反応が無いと思いますが、その後にゴゴゴゴ!と排便サインが来ると思いますよ!レビュー件数が223件もあるのに総合点数が4.14と高得点なので、効果は確かにあると思います。きたら骨盤の歪みを直す事にも役立ちます。



スポンサードリンク


コメントを残す