お歳暮にオススメのワイン7選


medium_4334340896



スポンサードリンク

お歳暮がいつも定番のお菓子とかハム・ソーセージでは飽きてしまいますよね。
気持ちを込めて贈るんだから、相手に喜んで欲しい。
では、相手に喜ばれるお歳暮って何かというと、やっぱり貰う人が好きなものです。
という事で!ワインが好きな人にはワインを贈りましょう。

とはいっても、ワインを知らない人にとって、ワイン選びってホント難しいですよね。
全て同じに見えてしまいます。

ネット通販を見たら、オススメのワインとか日本酒とかありますが、
多すぎてどれがいいか分からない。
デパ地下のワイン売り場やワイン専門店にいけば教えてくれますが、ぶっちゃけ面倒くさい。

そこで!様々なサイトや資料を調査して、ワイン通も喜ぶ絶対に外さない喜ばれるワインをご紹介します!



スポンサードリンク

 シャトー・デュ・ムール・デュ・タンドル・コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ・ヴィエイユ・ヴィーニュ 2010


ワインを知らない人にとって、「シャトー・デュ・ムール・デュ・タンドル・コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ・ヴィエイユ・ヴィーニュ 2010」と言われても、単に長い名前だな~で終わりだと思いますが、ワイン通にとってはヨダレたらたら級に飲みたい、知る人ぞ知る幻のワインです。

 世界で最も有名で最も厳しい「ワイン評論家」と言わている、ロバート・M・パーカーJrさんが最高ランクの5つ星を与え、
 フランスで常に三ッ星を獲得しているレストラン『Pic』のフランスNO.1シェフの舌をも唸らせたワインです。

味わいは「口当たりは想像していたよりも柔らかく、古樹ならではの、雑身の取れた繊細さがあります。アルコールのボリューム感が広がり、果実味とともに甘味を感じさせます。

限定66本しか入荷できていないので、お早めにお買い求めください。

【ご購入はこちらから】
シャトー・デュ・ムール・デュ・タンドル・コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ・ヴィエイユ・…

 ココ・ファーム・ワイナリー  山のタナ 2011 


タナ種は南西地方で取れるブドウの品種で、強い生命力を持つ事で知られています。

以前まで粗野だと評価されて日の目を見る事はありませんでしたが、ワイン造りの技術が高まった現在では、渋みのタンニンが抑えられ、気品あるぶどうとして注目される品種になりました。

そんなタナ種を日本で栽培したのが、ココ・ファーム・ワイナリーです。
ココ・ファーム・ワイナリーは、知的障がいを持つ生徒と一緒にワイン作りをする事をコンセプトにしているワイナリーで、その取り組みが多くの人に支持されています。

「障がい者だから働くことができない」という考えが誤ったものだという事を証明してくれたと思います。彼らだからこそできる繊細な仕事が、出来上がったワインに見事に表れています。

【ご購入はこちらから】
フランス南西部から探し出してきたタナ種100%のワイン!山のタナ [2011] ココ・ファーム・ワ…

 ルミエール 南野呂 マスカットベイリーA 2012年


本物のワインを造るには本物のぶどうを育てること

山梨県笛吹市にあるルミエールワイナリーが、マスカット・ベイリーA種の葡萄を100%使用して造ったワインです。

明治18年(1885年)創業以来最高品質のブドウ栽培にこだわり続け、独自の自然農法でも知られています。

南野呂地区は、昼と夜の気温差が大きく、葡萄作りに適した土壌となっており、土地の水はけも良い。そんなブドウ作りの為にあるような土地で実った葡萄はまさに本物。

そして、その本物のブドウから、一本一本丹精込めて造られたワインも、これまた最高のワインに仕上がっています。

イチゴを思わす甘く香り豊かな、口当たりも軽く飲みやすい赤ワインです。

【ご購入はこちらから】
☆【赤ワイン】ルミエール南野呂 マスカットベイリーA 2012年 750ml

 ドミニク・ヴェルサーチ 「プレミアム・スパークリング・シラーズ」


イタリアを代表するファッションブランドのヴェルサーチ一族が、品質にこだわり抜き、年間6000本しかできない赤スパークリングワインです。

通常のワイナリーでは、収穫された7割の葡萄使ってワインを造りますが、
ドミニクヴェルサーチは4割しか使いません。使わずにはいられない防腐剤も通常の10分の1しか使わず、ボトルに入れる時のフィルターも使用しません。
もちろん、葡萄作りには化学肥料や農薬は一切使っていません。

素材にこだわり、醸造方法にもこだわり抜いたドミニクのワインは、
 ソムリエ界の最高ランクであるマスター・オブ・ワインのロン氏がオススメするワインになりました。

見た目は、深紅の色味が美しく、バラの香りとドライな口あたりが特徴で 黒胡椒のようなスパイシーな風味も味わえます。

【ご購入はこちらから】
【送料無料】年間生産本数わずか6000本!ドミニク・ヴェルサーチ 「プレミアム・スパークリング…

 タケダワイナリー サンスフル白


タケダワイナリーは山形県にあり、大正時代から続く老舗のワイナリーです。
葡萄作りは、20年の歳月を掛けて土壌改良を行い、柔らかく、水はけの良い、ミネラルが豊富な土壌で、自然農法栽培にこだわって作っています。

自然の中で育った葡萄は、風味が良く、甘みと酸味とのバランスが良いワイン造りに適した葡萄に仕上がっています。

「サンスフル」は2007年発売時から話題となり、早々に完売となる注目の白ワインです。
醗酵中のワインを濾過をせずに瓶詰めし、瓶の中で醗酵を継続させてガスを閉じ込めた生詰ワインで、「酸化防止剤」も使用されていません。

自然発生のきめ細かな泡と、デラウェアのフレッシュな香り、やや辛口に仕上がったスッキリとした味わいが、とても飲みやすい綺麗なワインに仕上がっています。

【ご購入はこちらから】
【発泡性無濾過生ワイン】タケダワイナリー サンスフル白 750ml[山形県](クール便扱い)ヴィ…

ダミアン・ウーゴ&ルラージュ・プジョー

シャンパンとは、フランスシャンパーニュ地方で、「シャンパーニュ製法」と呼ばれる伝統的な製法による造られたワインの事で、それ以外の発泡性ワインは、スパークリングワインと呼ばれます。

「ダミアン・ウーゴ ブリュット ブラン・ド・ブラン」は女性だけの審査員による品評会“Sakura Award 2014”で「ダブルゴールド」を受賞した今注目のシャンパンです。シャンパーニュの畑でも最高ランクの土地で造られているシャンパンで、まさに「king OF Champagne」。クリーミーで上品な泡立ちを堪能できます。

ルラージュ・プジョー・リゼルヴは、シャンパーニュの畑で有機農法にこだわって造られたシャンパンで、アメリカでも多数の賞に輝くなど、注目度No1のシャンパンです。フレッシュでフルーティーな味わいは大変飲みやすく、日本人ウケする味になっています。

そんなシャンパンの中でも最高ランクのシャンパン2本がセットになっているので、シャンパン好きにはたまらないギフトになるでしょう。

【ご購入はこちらから】
ダミアン・ウーゴ&ルラージュ・プジョー ハーフ375ml お試し2本セット

 リュードヴァン ヴァン・ムスー・ブリュット(泡)


リュードヴァンは、2006年長野県東御市でワイン醸造家の小山さんが始めたワイナリーです。

当時、農業従事者の減少によって、農地は荒廃の一途をたどっており、小山さんもおよそ3haに及ぶ荒廃農地の開墾からワイン造りをはじめました

リュードヴァンとはフランス語で「ワイン通り」という意味です。
自分のワイナリーだけが栄えれば良いという考えではなく、地域が発展して、次の世代もまたその次の世代も当たり前のようにワインを造って暮らせる環境が、一本の通りから始まりますようにという思いを込めてつけられた名前です。

リュードヴァンから生まれたワインはどれも人気ですが、その中でも、3年の年月をかけて完成した今現在出来ることをすべて投入したワインがこの「ヴァン・ムスー・ブリュット」です。

生き生きとした上品な酸味とミネラル感に富んだ味わいが特徴のワインです。

【ご購入はこちらから】
【HLS_DU】リュードヴァン ヴァン・ムスー・ブリュット(泡) 750ml

 キザンスパークリング トラディショナル ブリュット


日本唯一の伝統品種である甲州種(甲州ブドウのこと)を使ったスパークリングワインです。
機山洋酒工業株式会社という、土屋さんご夫婦が家族でされている醸造所で一本一本丁寧に造られています。

土屋さんご夫妻は一流酒造会社の研究員をされていたほどの経歴をもつ醸造家。
研究を重ねてたどり着いた味はまさに日本を代表するスパークリングワインになりました。

全て手作業で造られているので、1回にリリースできる本数がわずか1000本と、なかなか入手できません。シャンパンにはない、舌に染み込んでいく果実味が、洋食はもちろん、和食ともよく合うワインです。

【ご購入はこちらから】
キザンスパークリング トラディショナル ブリュット [N/V] 【あす楽対応_関東】

聖なるワイン ロバの足音 ココファームワイナリー


最後にご紹介するワインは、ココワームワイナリーで造られた、スイートワインです。
単に甘いワインではなく、自然農法で造られた葡萄の甘味と酸味とのバランスが絶妙で、香りがとても豊かなワインになっています。

香りは、干したアンズやハチミツ、カリン、ビターオレンジの様な香りで、攻撃的ではなくソフトな印象。口の中で、様々な味が広がり、鼻に抜けていくまで一本のドラマを楽しんでいるような感覚になります。

そのまま飲むのもオススメですが、癖のあるチーズと合わせるのもおすすめのデザートワインです。

ただし、甘いと言ってもアルコールは14.5%とビールの3倍ぐらい入っているので、飲み過ぎには注意しましょう。

【ご購入はこちらから】
◆コレ自体デザート感覚で楽しめるとぉ〜ってもSweetな甘口ワイン登場 日本/白ワイン/デザート…



スポンサードリンク


1件のトラックバック

コメントを残す