なぜ男性は友達が少ないのか!?


happy-286152_640



スポンサードリンク

俺は友達が少ない、、、。

友達が少ないと何となく不安になりますよね。
街中で楽しそうに遊んでいるグループを見ると『オレもあんな風になりたいな~』って思います。かといって友達をたくさん作るの事はできない、、、。面倒くさいのもあるけど、 何となく心の奥底でストップをかけられてるような気がしませんか?

なぜ男性は友達が少ないのか?

それは、男性特有の性質に原因がありました。
なぜ少ないのか?理由を知ることでちょっとでもホッとなってもらえたら幸いです



スポンサードリンク

30代以下の6割が友達の数3人以下!?

とある調査で、30代以下の男性に友達の数を聞いてみると、 6割の人が3人以下と回答しました。

そのうち 2割5分の人が友達がいないと回答。友達が少ない男性の方が多いという結果になっていました。

これがだんだんと年齢が上がるにつれて、友達の数も多くなり、60代以上の男性では、友達の数が3人以下の割合は3割5分となります。

20代とか30代は仕事が中心で、友達を作る余裕がなく、年齢を重ねるにしたがって心に余裕が出てきて、友達付き合いが多くなっていくのでしょう。特に60代以降は、仕事が無い分、友達がいないと人生の楽しみが無いので積極的に作るのでしょうね。

男性は人より物

幼少期の男子と女子の遊び方を観察してみると正反対の遊び方をしています。男子はプラモデルなどの物で遊び、女子はおままごとなど他人と触れ合いながら遊びます。

男子も友達と一緒に遊びますが、やっている事は一人でできる遊びですよね。テレビゲームをするのに友達同士で集まるけど、友達と話すことなく、一人でゲームに熱中しています。

この性質は大人になっても同じで、男性は家電が好きとか、腕時計など物を収集するのが好きなど、とにかく物に対して興味を示します。一方で女性は友達とランチに行って話したり、誰かの噂話が好きだったりなど、人に対して興味を示します

男性の興味が人より物に行くのだから、友達が少ないのは当たり前なんですね。

男性は競争社会、女性は協調社会

男性の役割は外で獲物を仕留めて家族を養う事でした。今でもその役割りは残っています。生き残るためには他の男性に勝たなければいけません。また、昔から男子は『一番になれ!』『弱い男になるな!』としつけられる事もあって、潜在意識の中に競争心が刷り込まれています。

他の人間は敵

という意識が心の奥底にあって、だから友達に本当に悩んでいる事を話す事ができなかったり、会話も『どちらが物知りか?』『どちらが論理的に正しいか?』を競う内容になってしまいます。

友達を作ったとしても、どこか踏み込めなかったり、一線を越える事ができない。という経験をした事があるのではないでしょうか?それは男性の性質として当りまえの事なのです。

30代~40代はつかず離れずの関係でOK

いつも遊べる友達がいれば安心すると思いますが、なかなか急に変わることはできません。

友達は欲しいけど、友達作りはできない

という男性がほとんどです。そんな男性もアンケート結果にあったように、60代以降は友達がたくさん出来ています。これは『寂しいのはイヤ』と思う男性同士が、60代以降に友達付き合いに精を出すからです。

おそらくあなたも、60歳に近づくにつれて同じような心境になって、友達付き合いに精を出すようになるでしょう。

一から友達を作るのは難しいと思いますので、30代、40代のうちに、つかず離れずの関係を続けていくのをオススメします。

段々と心に余裕が出てきて、友達がいないと寂しいと本当の思えた時に、重い腰が動き、友達付き合いに精を出すようになるでしょう。焦らずゆっくりと構えましょう



スポンサードリンク


コメントを残す