なぜ電車で電話されるとイライラするのか?


2e7f378280bac64d2920f62c4d44afa2_s



スポンサードリンク

電車内で電話するのはマナー違反ですが、
電車内で会話するのはマナー違反ではありません。

この不合理なルールがなぜできたのか?なぜ残っているのか?

きちんとした根拠がないルールだと思いますが、なぜか電車で電話されるとイライラしてしまいませんか?マナー違反だという意識もあってイラッとするのだと思いますが、その意識以上にイライラ感は強いものです。

なぜ電車で電話されるとイライラするのか?その理由についてご紹介します!
以前の記事『電車の中で化粧されるとイラッとくる理由』『なぜ電車だとヘッドホンの音漏れにイライラするのか!?』も合わせてご覧ください。



スポンサードリンク

今話さなくても良いだろ?

電車内で電話に出る人を見ると『今はなさなくてもいいだろ?電車を降りてから話してくれよ』と思ってしまいます。

実は、電車で会話をされる事自体、私たちにとってはストレスになるのです。なぜストレスになるのかというと、 無理やり会話を聞かされるからです。

基本的には電車に乗って初めに座った(または立った)位置から動くことができません。動くと他人に迷惑をかけると思うからです。なので、近くで話している人がいると、どうしてもその人の話を聞くしかなくなります。

 自分でコントロールできない状況にイラッとするんですね。しかし、友達や同僚との仲を深めるために会話は必要です。その意識があるから、電車での会話は受け入れる事ができるんだと思います。

だけど、 電話は一人でいる状況をあえて破る行為です。そんな能動的な行動が『別に今話さなくてもいいだろう!』という気持ちにさせるんだと思います。

何を話してるのか分からない

電車内で友達同士が会話するのと、電話するのとの違いは、 相手が見えないという事です。

『えー』とか『はい』とか、車内で電話をしている人の声だけが聞こえてきて、何を話しているのか分かりません。この状態が不安な気持ちにさせます。

前述したように、ただでさえ、電車内では他人の話に無理やり引き込まされてイヤな気持ちなのに、それに不安な心理が加わる事で、余計にイライラしてしまうんですね。

大きな声で話してしまう

電話で話す時は、どうしてもワントーン高くなり、大きくなってしまいます。
周りが静かな時に、電話している人の声だけが響いているという状況もたまに見かけます。

他人の会話を無理やり聞かされ、その内容が分からないのに、その声が大きいとなると、イライラするのは当たり前かもしれませんね。

電車内で会話はOKだけど、電話はNGのマナーの理由は、私たち乗客の不満が理由だったのですね。



スポンサードリンク


コメントを残す