なぜ電車内の会話をうるさく感じるのか!?


121785



スポンサードリンク

常に迷惑行為ランキングで1位をキープしているのが『騒々しい会話』です。

 奥様方の世間話
  ご老人の健康話
  サラリーマンの愚痴話
  女子高生の恋愛話

道端とかカフェだったらそれほど気にならないのに、なぜ電車内だと『うるさい』と感じてしまうのでしょうか?

電車内の会話をうるさいと感じてしまう理由についてご紹介します!



スポンサードリンク

会話から逃れられない苦痛

電車に乗ると、基本的には初めの位置から動きません。というより動けません。隣の人がどれだけ臭くても、後ろに立っている人がすごくタイプの人でも、動くと他の人に迷惑が掛かるし、動くのも面倒なので、動けないんです。

なので、近くにいる人の 会話がどれだけつまらない内容でも、聞くしかないのです。

女性のオチのない会話を延々と聞いたり、男性のウンチク話を延々と聞いたりする時の苦痛と同じです。

カフェとか道端だったら、自分で場所をコントロールできるという安心感があるので、イライラ感もそれほど感じないのですが、電車内だと話している人がコントロールしているので、その気持ちが余計にイライラ感をアップさせるのだと思います。

パーソナルスペースの侵害

私たちは自分が快適に過ごせる空間であるパーソナルスペースを持っています。
大体、手の届く範囲だと言われていますが、 電車内ではこのパーソナルスペースが侵害されています

特に満員電車だと、恋人が抱き合っている時と同じぐらいの密着度合になって、なかなか他の日常ではありえない状況になっています。

身体的なパーソナルスペースを侵されるだけでもイヤなのに、音でもパーソナルスペースを侵害されると、イライラしてしまうのは当たり前です。

やっかいな事に、音は遠くにまで及ぶので、身体のパーソナルスペースよりも広くなります。自分の3つぐらいの隣の人の話がうるさく聞こえたりするのはこの為で、周りの人が全員シーンとしていると、遠くの人の会話でもイラッとしてしまう事もあります。

ストレス溜まってませんか!?

心に余裕がある時はなにも感じなかったのに、ストレスが溜まると些細な音でもイライラしてしまいます。

マンションなどの集合住宅で、音のトラブルが殺人事件に発展してしまう原因の一つはこれだと思います。

仕事で疲れているのに、帰りの電車は満員。しかもヘッドホンからガンガン音漏れしている人が横にいると、思わず睨んでしまいたい気持ちになります(実際は睨めませんが、、、)

仕事で疲れてる時とか、ストレスが溜まっているなと思う時は、急行とか特急に乗らずに、普通電車で帰った方が良いかもしれませんね。

電車内の会話のストレスを解消する方法

1⃣会話から何かを学ぼうとする
一番手っ取り早い解決方法が、会話に興味を持つことです。といっても、興味のない会話に興味を持つのはなかなか難しいものですよね。そこでオススメの方法が 『話から何かを学ぼうと思う』事です。

奥様方が世間話をしていたら、主婦は今どういう悩みを持っているんだろう、どういう不満を持っているんだろう、という感じで主婦の実態を学ぼうと思うのです。そういう視点で会話を聞くと、電車の中は社会の実情を学ぶ事ができる学校になります。

2⃣何かに熱中する
何かに集中していたら、雑音があっても気になりません。目の前のテレビに集中していたら、妻のオチのない話を延々と聞いていても苦痛にならないのと同じように、電車の中で何かに集中していたら、目の前で話している興味のない会話も気になりません。読書、スマホ、音楽、何でも良いので集中しましょう。



スポンサードリンク


コメントを残す