やたらと謙遜する人の心理とは!?


db35870514e67f09be2b0f6ddc74d23c_21



スポンサードリンク

(スゴイですね!)「いえいえ、そんな事ありません」
(大したもんだ)「いえいえ、私なんか大したことないですよ」
(素晴らしい人ですね)「私なんてしょうもない人間ですよ」

褒めているのに、やたらと謙遜する人っていますよね。
どれだけ過去にツラい事があったんだろうと思うぐらい、謙遜する人がいます。

褒められているんだから、素直に「ありがとうございます」とか「そう言ってもらえて嬉しいです」と言ったら良いのにと思うのですが、

 ただ単に褒められる事に慣れていないだけなのでしょうか?
 それとも違う心理が隠されているのでしょうか?

やたらと謙遜する人の心理についてご紹介します
※逆に『やたらと自慢する人』の心理についてはこちらの記事をご覧ください



スポンサードリンク

「謙遜」は日本人の美学

日本人は控えめな人が大好きです。
ガンガン前に出ていく人よりも、自分を抑えてみんなとの調和を図れる人が好かれる傾向にあります。

そんな行動を一言で表したのが「謙遜」です。
昔の日本人は、両親から褒められることも少なく、自己主張をしてはならない、控えめでなければいけないと教わってきたので、自分を表現する事が苦手です。

最近でこそ、個性が重視される風潮がありますが、まだまだ謙遜する美意識が日本人の心の中に存在します。「君ってスゴイね」と褒めておきながら、「そうなんだ、俺ってすごいんだ」と言われると、ちょっとムッとしませんか?そう思ったあなたも日本人の美意識を受け継いでいる証拠です。

そんな謙遜を愛する国民だから、褒められる事に慣れていないのは当り前ですよね。とりあえず謙遜しておけばムッとされる事もないので、楽ちんなんですね。

でも、それが過剰になると、逆に不快感を与えてしまいます。
その状態が『やたらと謙遜する人』なんですね

必要以上の謙遜は自慢の裏返しだった!?

謙遜は日本人の美学としてありますが、人間の本能として「褒められたい」という欲求はあります。褒められて怒る人なんていませんよね(言い方にもよりますが、、、)

やたらと謙遜する人も同じで、褒められたいと思っています。
しかも!その傾向は普通の人よりも強く持っています。

やたらと謙遜する人は、実は自慢したい人なんです。
やたらと自慢話する人の話を以前しましたが、あれのひねくれバージョンがこれです。

たまに居ませんか?顔に『自信』と書いていながら、褒めるとやたらと謙遜する人。「お前、ホントは自慢したいだろ~」って人いますよね。

褒められるのが分かっているからこそ、オーバーに謙遜しているんです

面倒くせぇ奴なんですよ。

やたらと謙遜する人への対処法

では、やたらと謙遜する人にどうやって接したら良いのでしょうか?

やたらと自慢する人と同じく、付き合わないのが一番です。

仕事などで、どうしても付き合わないとイケない場合は、褒めないようにしましょう。

やたらと自慢する人は分かりやすいのですが、
やたらと謙遜する人も自己愛が強い人なので、自分を褒めてくれない人にはあまり近寄りません。

だから、何か褒めるような事をしたとしても、あまり褒めないようにしていれば、
あなたの前から自然と居なくなるでしょう。



スポンサードリンク


コメントを残す