インスタントコーヒーの効果について調べました


インスタントコーヒーって効果あるんでしょうか?
medium_4818724576



スポンサードリンク

普通のコーヒーとは違って、インスタントコーヒーは風味が少ない印象があります。

コーヒーの成分も少なくなっているのでは?と思うのですが、
実際の所、成分は残っているのでしょうか?

健康に良い効果を与えてくれるのでしょうか?

インスタントコーヒーの健康への効果について調べてみました。



スポンサードリンク

そもそもインスタントコーヒって何?

medium_11358520094
最近、ネスレが公表したレギュラーソリュブルコーヒーという名称をめぐって、日本コーヒー公正取引協議会と一騒動がありましたが、そもそもインスタントコーヒーとはどういうものなのでしょうか?

インスタントコーヒーは「コーヒー豆の抽出液を乾燥させて粉末状に加工した食品」です。普通のコーヒーショップで飲むコーヒーは、コーヒー豆を曳いてお湯を注いだものですが、その液体を乾燥させたものがインスタントコーヒーと呼ばれます。

だから、あの淹れたての良い香りが薄くなるんですね。

では、成分はどのぐらい残っているのでしょうか?
健康に関係のあるカフェインや、クロロゲン酸などのタンニンの量についてご紹介します。

インスタントになったら効果が薄れる?

medium_5446696316
何となく、抽出液を乾燥させるという工程が入ることで成分が飛んでそうですが、実際の所どうなのでしょうか?
まず、コーヒー豆100gから抽出した液体に含まれる成分は
カフェイン600mg
タンニン(クロロゲン酸が主)2500mg
です。
通常のコーヒー1杯に使用するコーヒー豆は10g程度ですので、
この10分の1(カフェイン60mg、タンニン250mg)が1杯の摂取量になります。

次に、インスタントコーヒー100g当たりの成分は
カフェイン4000mg
タンニン12000mg
です。

インスタントコーヒーの方が成分が多い結果となりました。
カフェインやタンニンなどの栄養成分は無くならず、濃縮するんですね。

instant_img_02

出典:http://www.agf.co.jp/customer/faq/instant.html

なお、インスタントコーヒーの1回当たりの適量は
2g(ティースプーン山もり1杯)を140mlのお湯で薄めるという事です。

そして、そこに含まれるカフェインの量は80mg、タンニンは240mgになります。

次に、インスタントコーヒーを飲むときの注意点をお伝えします。

インスタントコーヒーは飲み過ぎに注意する!

medium_14707356765
魔女の宅急便に出てくるパン屋のおソノさんが、キキにコーヒーを振る舞うシーンがありますが、自分のコーヒーを入れる時にティースプーンで2杯を入れています。

あんな感じで、ついついティースプーン1杯だと少ないかな?と思って
多い目に入れてしまいますよね?

インスタントコーヒーの怖い所が、実はそこにあるんです!

自分で量を調節できるので、”薄い”と思ったら粉を継ぎ足せます。

カフェインに対して体は慣れる傾向があって、初めは適量を守っていても、
だんだんと薄く感じるようになります。

そして、徐々に濃い味になっていき、気づけばカフェインによる副作用が出る量にまで達している可能性があります。
※カフェインの副作用についてはこちらをご確認ください。

カフェインは安全な飲み物ではありません。
カフェインを1時間に体重1kgあたり6.5mgのカフェインを摂取すると、半数は急性症状を呈すると言われています。
体重50kgなら325mgです。
インスタントコーヒーをティースプーンでたった4杯(8g)入れれば摂取できる量です。

現実にあり得る量ですよね?

コーヒーを飲んでいて何か調子が悪いと感じたら、直ぐに飲むのをやめてください。

まとめ

インスタントコーヒーは量を自分で調整できるので、過剰摂取になりがちです。
特に子どもは大人よりも抵抗力が弱いので注意してあげてください。

アメリカで上映された魔女の宅急便では、おソノさんがキキに振る舞うのはコーヒーではなくホットチョコレートです。
アメリカではカフェインを子どもに与えてはいけないという風潮があるために変更されたのだと思いますが、日本でもそこまで配慮するべきだと思います。

コーヒーは飲み過ぎなければ、とても健康的な飲み物ですので、
ぜひ適量を守って、健康的なコーヒーライフを送るようにしましょう。

10月1日はコーヒの日です。



スポンサードリンク


コメントを残す