デスクワークのむくみを解消する3つの方法


37b644dc416df097bf4b58c4d0707de8_s



スポンサードリンク

デスクワークで一日中座っていると、仕事終わりには足がパンパンになってしまいますよね。

 足がだるくなったり、
 靴が窮屈になって痛くなったり、
 足の先が冷たくなったり、

色々と体に不調が起きてしまいます。

どうやったらむくみが無くなるのか?
その対策として3つの方法をご紹介します!



スポンサードリンク

 デスクワークのむくみを解消する方法 『2時間おきに歩く』

 むくみは同じ姿勢をずっとしていると2時間で発生します。
なぜ同じ姿勢を続けていると発生するのかというと、筋肉が動かないので、リンパにある余分な水分を血液に戻す事ができないからです。

筋力が弱い女性は筋肉を動かさないとどうしても浮腫んでしまいます。
なので、一番の対策は足を動かす事

9時始業だとしたら、11時までにトイレ休憩を1回行って、
12時の昼休みには、ちょっと遠くのコンビニに足を運ぶ
15時にコーヒーブレイクの為にちょっと歩いて、
17時にトイレ休憩に行く、、、。

この間もちょこちょこと歩くことで、足の筋肉を動かしましょう。
この少しずつの積み重ねが浮腫み解消に繋がります。

 デスクワークの浮腫みを解消する方法 『首を温める』

浮腫みになりやすい人は手足の冷えにも悩まされがちです。
冷えは血行を悪くして、浮腫みにつながるので、手足を温める必要があります。

で、 手足を温めるのに一番効果的な方法が首を温める事です。
というのは、手足にはAVA(動静脈吻合)と呼ばれる血管があって、
それが閉じる事で手足の血液循環を滞らせます。

このAVAを開かせるには首にある動脈を温めるのが一番効果的です。

手足が冷えるからと手足を温めている人が多いと思いますが、実は首を温めた方が効果的なんですね。

 デスクワークの浮腫みを解消する方法 『コーヒーを飲む』

浮腫みの原因となっているのは水分です。水分だけなら尿ですぐに排泄する事ができるのですが、塩分が混ざると体は水分を体の中に残そうと思って、水分を排泄するのを抑えます。

 ホントの悪者は水分ではなく塩分

この塩分を水分と一緒に外に出す方法として、 一番効果が高いのがコーヒーなんです。

コーヒーを飲む前に、水分を取らなければ良いんじゃない?

と思いがちですが、 水分を取らないと、逆に浮腫みにつながります
水分を取らないと、血液内の水分量が減って体はあらゆるところから水分を確保しようとします。一番手っ取り早いのは尿の水分なので、水分を控えると尿が出ません。

すると、浮腫みの原因になっている水も外に出す事ができず、浮腫みの原因を解消する事ができません。

浮腫みを治したければ、余分な水分を外に出す事が大切です。



スポンサードリンク


コメントを残す