ナンパでやってはいけない3つの行動とは!?


なかなかナンパがウマくいかない、、、。

ikebukuro-seibu120140921143908500-thumb-1132x800-5673



スポンサードリンク

ナヨナヨ男子が多いなか、ナンパは女性との出会いを求める素晴らしい行為です。しかし「ナンパ」と聞くと、チャラ男がテキトーにかわいい子を見つけて軽いノリで引っかける、という悪いイメージが定着してしまい、女性もかなり警戒心を強く持ってしまっているのが現状です。

そんな中、路上で「ちょっと、一緒にお茶しない?」系の昔ながらのナンパはもう通用しません。

その他にも、女性がイラッとする、ナンパでやってはいけない行動はたくさんあります
以前の記事『ナンパを成功させる3つのテクニック!』も合わせてご覧ください。



スポンサードリンク

 ナンパでやってはいけない行動① 「女性グループに話しかける」

ナンパでやってしまいがちなのが、女性グループに声を掛けるという行動。

例えば、とある居酒屋。
男3人で飲んでいると、目の前にかなりカワイイ女性3人組が楽しくワイワイ話している。お酒の勢いもあって、「一緒に飲みませんか?」と誘ったら、なんとOKの返事!

口説きモードに突入し、女性陣も楽しそうな様子。
これはイケる!!
そう思って、2軒目のバーに誘った所、
「ごめんなさい、明日仕事が早いから、帰ります」
の一言。

「じゃあ、連絡先教えてくれない?」と聞いたところ
「ごめんなさい、彼氏いるんで、、、」
と体よく断られてしまう。

この時の女性の心境はこうです
①「一緒に飲みませんか?」と誘ってきた時
「せっかく楽しく話してたのに、なによコイツ。面倒くさいな~」
「断って気まずくなるのもイヤだし、テキトーに過ごそうっと」

②口説かれている最中
「うわ~、口説いてきてる。口調も荒いし最低」

③2軒目のバーに誘った時
「いやいや、ないでしょ。分かんないかな~バカだなコイツ」

男性からすると「グループでいる方が気楽に話せて成功する確率も上がる」と思いがちですが、 女性が出会いを求めるのは一人でいる時です。だって、女性誌に散々「出会いは一人の時」って書いてあるから!!

女性同士でいる時は、思いっきり女性で楽しみたい時なので、男は不要なんです!
そこを勘違いして話しかけてしまうと、ウザい男になってしまいます。

 ナンパでやってはいけない行動② 「集中している時に声を掛ける」

とにかく女性に声を掛ければ良い。
そんなにナンパは甘くありません。

 ナンパは場所×タイミング×会話で成立します
一つでも0になると、ナンパは成功しません。

ナンパがウマくいかない人に多いのが、タイミングを外してしまう事です。
 路上でナンパする
 カフェで本や資料を読んでいる女性をナンパする
 誰かと待ち合わせしている時にナンパする

いずれも、何かに意識を集中している時です。
そんな時に、ナンパを受けたらどう思いますか?

よっぽどのイケメンでなければイラッと来ますよね?
ナンパのタイミングを見直してみましょう。

 ナンパでやってはいけない行動③ 「ヘタクソな声のかけ方」

ナンパする時の王道の声のかけ方が
「今何してるんですか?」
「ちょっと良いですか?」
「今暇じゃないですか?」
です。

いかにも「今からナンパしま~っす!」って感じで、ウザいですよね。
こういうヘタクソな声のかけ方では、良い女はゲットできません。

ポイントは ナンパと思わせない声のかけ方です。

ごく自然に当たり前のように声を掛けましょう。
詳しくはこちらの記事をご確認ください。



スポンサードリンク


コメントを残す