マリッジブルーになる4つの原因


hand-83079_640



スポンサードリンク

結婚は幸せの象徴であり、結婚が決まったら幸せいっぱいの気持ちになりますよね。だけど、同時に結婚に対する不安や恐れを感じる事があり、その気持ちが強くなると『結婚しない方が良いんじゃないか?』とか『結婚しても幸せになれないんじゃないか?』と思ってしまいます。いわゆるマリッジブルーという状態ですね。

なぜマリッジブルーはやってくるのか?

マリッジブルーの原因と、その対処法についてご紹介します!



スポンサードリンク

マリッジブルーの原因 『幸せに対する恐れ』

人は幸せになりたいという願望がありますが、 潜在的には幸せになることに対して恐れがあると言われています。

幸せになる事は良い事なのですが、 自分が幸せになることで周りから嫉妬されるのではないだろうか?と思ったり、『自分が幸せになったら悪いのではないか』と幸せになる事に対して罪悪感を感じてしまいます

結婚という幸せが、手を伸ばせば届くところまで来ているからこそ、感じてしまうんですね。

【対処法】
自分の幸せを受け入れる必要があります。その為に、 自分の幸せは自分だけのものではなく、周りの幸せでもあると考えると良いでしょう。

これまで大切に育ててくれた両親、兄妹、仲のいい友達、お世話になっている知人、、、自分が幸せになることで、たくさんの人が幸せになっている姿をイメージすると、心が軽くなると思います。

マリッジブルーの原因 『変化に対する恐れ』

 人は変化したいと望む一方で、実際に変化するとなると、変化を恐れます

転職したいな~と思っていても、いざ転職するとなると、やっぱ今の会社で良いかな~と思ったことがあるのではないでしょうか?

結婚に対して真剣に考えているほど、結婚による変化を考えてしまって、怖気づいてしまうんですね。

【対処法】
変化に対する恐怖は、変化することによるデメリットをイメージする為に起ります。結婚についても『結婚は墓場』『離婚する人が増えている』など、結婚に対するマイナスイメージがどこかにあって、それが大きくなっているのです。

この状態を解決する為に、 自分が結婚する目的、結婚生活でしたい事、楽しみなどをイメージすると気持ちが楽になると思います。

マリッジブルーの原因 『相手に対する不安』

すごく欲しいものがあって、色々な商品を吟味して、いざ購入するとなった時、『本当にこれで良いのかな?』と悩むと思います。

恋愛相手を選ぶのとは違って、結婚相手は人生の中で最も重要な選択だと思います。だからこそ『本当にこの人で良かったのかな?』と思ってしまうんですね。

一度その気持ちが芽生えると、 相手のイヤな所が目についてしまって、不安が一層高まり、マリッジブルーの状態になるんですね。

【対処法】
結婚して自分が幸せになる事も大切ですが、それと同じぐらいパートナーが幸せにならないと、夫婦として幸せにはなれません。

 相手に対して不安を感じるのは、自分の幸せだけを考えているからです。

相手と結婚を決めたのであれば 『この人と二人で幸せになる』という覚悟が必要です。『恋人に幸せになって欲しい』と思えるのであれば、相手のダメな所も受け入れるはずです。

マリッジブルーの原因 『良い家庭に対する不安』

 頑張り屋の人や、完璧主義の人が陥りやすいのが、良い家庭を築く事ができるか、良い妻(夫)になれるか、良い母親(父親)になれるか、という不安です。

このタイプの人は、結婚生活を上手くやっていける自信がある半面、失敗してはいけないという気持ちから不安にもなってしまうんですね。

【対処法】
自分に対する期待に応えたい、期待を裏切ってはいけないという気持ちが強いので、余計なプレッシャーになっていると思います。

プレッシャーを乗り越えるためには、パートナーとよく話し合って、 どういった結婚生活を望んでいるのか?パートナーに何を望んでいるのか?を把握すると良いでしょう。

長く続く夫婦生活の間で、間違ってしまう事もあるし、上手くいかない事もあります。仕事のようにハッキリとした答えが出ることはなく、二人が諦めなければ失敗はないのです。



スポンサードリンク


コメントを残す