一人で依存を克服する事はできない!?


feet-317904_640



スポンサードリンク

あなたは何かに依存していますか?
あなたの身近な人で、何かに依存している人はいますか?

アルコール依存症とか、薬物依存症とか、病気として診断されるようなレベルでなくても、

 仕事依存
 ネット依存
 スマホ依存
 買物依存

など、私たちは様々なものに依存してしまう時があります。
OO好きという程度だったら良いのですが、依存の状態になると、その事ばかりに気を取られ、他の事に集中できなくなり、生活に支障をきたします。

どうやったら依存を克服する事ができるのか?
依存の克服法についてご紹介します



スポンサードリンク

依存は一人で克服できない

依存は特定の物や、行動、刺激が欲しくてたまらない精神状態です。
その事が頭が離れず、居てもたってもいられなくなります。

 本人は心のどこかで『止めたい』と思っているのですが、頭から離れないので、自分ひとりの力でやめる事ができません。依存を克服するためには、 家族や友人、恋人など、信頼できる人の力が必要になります。

そんな事もうするな!!

といくら注意したところで、本人の反発をかうだけで余計に依存度を高めてしまいます。
 依存は否認の病と言われており、本人は依存だと認めたくないと思っているので、なぜやめないとイケないのかが理解できないのです。

言葉ではなく行動

依存を克服する為に必要な事は言葉ではなく行動です。
家族や友人、恋人と旅行に出かけたり、食事を楽しんだり、スポーツをしたり
 自分が好きな事を好きな人と一緒に楽しみます

あなたの身近に依存の人がいるのであれば、少々強引に連れ出しましょう。
嫌われたってかまいません。それがその人の為です。

依存前の充実した生活を思い返す

あなたは心のどこかで『止めたい』と思っているはずです。
止める事ができないのは、今の生活から抜け出す事に対する恐怖心から来ています。

これが無くなったら生きていけないのではないか?と思ってるかも知れませんが、そんな事ありません。依存前の生活を思い返してください。依存対象がなくても、イキイキとした生活を送っていたはずです。

その対象に依存している時間を、友達や恋人、家族と触れ合う時間に変えるだけで、新しい楽しみがでてきます。その依存対象から一生離れるのではなく、依存状態が無くなれば、また楽しむ事だってできます。

あなたの2番目に好きな事はなんですか?

それを家族や友人、恋人と一緒に楽しんでみてください。
きっと楽しい世界が待っています。



スポンサードリンク


コメントを残す