人気深海生物ランキング!


design_2012-10_pu



スポンサードリンク

地球の海の平均水深は 3,729 m であり、深海は海面面積の約 80 % を占めます。
宇宙もまだまだ謎が多い場所ですが、深海も同じぐらい謎が多い神秘的な場所です。

その深海には、見たこともない生物がたくさんいます。絶滅したと言われていた生物や、近寄り難い姿をしている生物など。

そんな深海生物の人気ランキングをお届けします。

第1位 シーラカンス 



スポンサードリンク

1297697055_0
3億5000万年前
からいる魚です。生きた化石と呼ばれ、6500万年前に絶滅したと言われていましたが、1938年に南アフリカで発見されました。8つのひれを持ち、体に骨が無いという特徴があります。寿命は一説によると100歳なんだとか。
3億5000万年前と聞くと、とんでもなく大昔ですね。シーラカンスはそんな時代から地球を見てきたんですね。神秘的な感じがする魚です。

そんなシーラカンスを実物で見れる水族館が日本にあります!
沼津港深海水族館。ぜひ実物のシーラカンスを見に行ってください!

第2位 ダイオウイカ

3d0b5b44
2014年1月に撮影されたこの写真。なんと体長49mのダイオウイカです!これが、CGではなかったらすごいですよね。CGです^^。インパクトが大きかったので使ってみました。
しかし実物もとても大きくて、今までに捕獲された中で一番大きかったダイオウイカは18mもあります。重さは1トンということで、いか焼き1つ500gとして、2000人分もできちゃいます!

第3位 リュウグウノツカイ



スポンサードリンク

竜宮Giant_Oarfish
神秘的な姿をしていることから「竜宮の使い」という和名で呼ばれる魚です。何となく竜宮に連れて行ってくれそうな感じがしませんか?
神秘的な名前と姿が合っているので人気が出たんでしょうね。

リュグウノツカイが泳いでいる映像はこちら

第4位 アンコウ

ミツクリナガチョウチンアンコウ2
なぜこの魚が人気なのか分かりませんでしたが、理由は「見た目はグロテスクなのに美味しいから」なるほど、現実的なチョイスです。
この魚を食べようと思った人はとても偉いですね。毒キノコよりも、フグよりも、見た目はぶっちぎりにグロテスクですもん。
アンコウは泳ぎが下手なため、泳ぎの上手な魚を追い回しても逃げられてしまうようです^^。見た目通りのやつですね。

【女性】第5位 オウムガイ

oumusei

生きた化石といわれるように、4億5000万年前から5億年前に誕生し、それからほとんど進化していないという事です。ロマンを感じさせてくれますよね。
見た目もちょっとかわいい感じです。

【男性】第5位 ダイオウグソクムシ

scn14010220230000-n1
ダンゴムシの大きい版ですね。ダイオウグソクムシの特徴は何といっても「食べない」事。ほんの少ししか食べずに生きられるという事です。究極のエコ生物ですね。


コメントを残す