便秘を改善するトイレの姿勢はコレ!


toilet-403368_640



スポンサードリンク

 食物繊維をいっぱい食べたり
 ヨーグルトを一杯食べたり
 腹筋を鍛えたり

色んな事を試したのに、なぜウンコが出ないの!!

そんな場合はウンコを出す時の姿勢に問題がある可能性があります。



スポンサードリンク

ウンコを出すポイントは骨盤底筋のあった!?

ウンコが出ないと不安になって、ウンコをしたくなくてもトイレに入っていませんか?
トイレの回数を増やしてしまうと、トイレに入って必ず”いきむ”ようになります。

しかし、便秘の人がいきむと余計にウンコが出なくなります

ポイントは骨盤底筋です。
この筋肉は直腸付近にあって、ウンコが漏れないように直腸の角度を調節しています。
いつもはギュッと内側に引っ張っぱる事でウンコを外に出しません。
うんこを出す時には骨盤底筋が緩む事でスッとウンコが外に出るんですね。

しかし、便秘の人は骨盤底筋が緊張しているため、ウンコがスッと出る角度になっていない事があります。どうしたら、ウンコがスッと出るように骨盤底筋を緩める事ができるのでしょうか?

ウンコがドカッと出るトイレの姿勢はコレ!

頻繁にトイレに入ると、何とかしないと思って、いきんだり、腰をひねったりすると思います。でも、姿勢が正しくないと直腸までウンコが来ているのに出ないという事になってしまいます。ウンコが出ても残便感が残り、スッキリしない状態です。

ウンコを出そうと思って、のけぞってみたり、直立になったりすると逆効果です。
オススメは「考える人」のポーズです。

正しい姿勢にする事で、骨盤底筋を緩めて、ウンコをスッと外に出しましょう

ウンコがドカッと出る姿勢
1⃣便座に浅く掛ける
2⃣前屈になる(ひじを太ももに付ける)
3⃣かかとを少し上げる

この状態で少し待って、便意が無ければ
お腹に手を当てて腹圧をかけてみて下さい

少しいきんでもOKですが、2、3回でやめましょう。

この姿勢を続けることで、便秘が改善していくと思いますので、
チャレンジしてみてください!



スポンサードリンク


コメントを残す