便秘解消ダイエット!便秘の3大原因とは!?


68817fb7aaa70885887253c56707c70a_s



スポンサードリンク

便秘を解消したい!

お腹が張って気持ち悪いし、食事は美味しくないし、体型も変わってしまう。

このような悪いことだらけの便秘を解消するには、原因を探る必要があります。

便秘を解消すれば3~5kgやせると言われているので、
やせるためにも、自分の便秘は何が原因かを知っておきましょう!



スポンサードリンク

便秘の三大原因 「腸のぜんどう運動低下型」

腸は伸び縮みを繰り返して、うんこを外に出そうとします。これがぜんどう運動です。腸が動かなければ、当然うんこは外に出ずに腸に残ったままになります。

腸のぜんどう運動が低下すると、うんこが腸の中にずっと留まるので、水分が必要以上に吸収されて便が硬くなり、余計にうんこが腸内に留まる事になります。すると悪玉菌が優位になり、うんこが腐ってきて毒素を発生させます。

毒素は血液に取り込まれ体中をめぐります。そして皮膚や呼気に臭いニオイを出したり、皮膚が異常に荒れたりするんです。

腸のぜんどう運動が低下しているかチェック!
(3つ以上あったら低下している可能性高)

・おならや便が異常に臭い
・硬い便が出る事が多い
・お腹が張りやすい
・朝食を取らない
・野菜や発酵食品を取らない
・運動しない

便秘の三大原因 「肛門括約筋の運動低下型」

うんこが直腸まで達すると、外に出す準備OK!というサインを送ります。そしてお尻にある肛門括約筋が緩み、無事に外へ排泄します。肛門括約筋は内と外に2つあって、外側にある肛門括約筋は意識的に閉じる事ができるようになっていて、うんこがしたくなっても、我慢できるようになっています。

反対に内側の肛門括約筋は私たちの意識とは関係なく動く筋肉で、直腸にうんこがやってきたときの「うんこ来たよ~」のサインを送る役割があります。

この内側の肛門括約筋が低下する事で、「ウンコ来たよ~」のサインを送れずに、ウンコが腸内に残ってしまいます

原因は、
1⃣ウンコ我慢してしまうことで、排便センサーが弱くなった
2⃣加齢や出産によって、肛門括約筋や腹筋が弱くなった
3⃣ウンコが長く留まっていたので、腸が伸びきってしまい、排便センサーが働かなくなった

事が考えられます。2⃣と3⃣は多少仕方がない所もありますが、1⃣は生活習慣の見直しで改善できるところですよね。

ウンコサインが出ているのに、忙しいからと肛門をギュッと締めて我慢する生活を続けていると、肛門括約筋がすねて、排便サインを出さなくなってしまうので、注意が必要ですね。

肛門括約筋の運動が低下しているかチェック!
(3つ以上あったら低下している可能性高)

・外出先でウンコを我慢する事が多い
・ウンコをする回数週に2回以下だ
・うんこをした後に残便感がある
・腹筋が5回以上できない
・痔である

便秘の三大原因 「自律神経のバランス乱れ型」

私たちの身体の様々な作用を司っている自律神経は、「交感神経」と「副交感神経」に分かれます。すでにご存知だと思いますが、交感神経は戦闘モードの時に優位になる神経で、副交感神経はリラックスしている時に優位になる神経です。

そして、腸のぜんどう運動に深く関わっているのが副交感神経です。副交感神経が優位になる事で腸のぜんどう運動が活発になり、うんこを外へ出そうと頑張るんですね。

ところが、現代はストレスフル社会
リラックスできる時間が少なくなり、交感神経がずっと優位になっている状態が続きます。
すると、ぜんどう運動が起こらず、腸の中でうんこが溜まってしまうんですね。
仕事や家事、育児のストレス、睡眠不足によるストレスなど、現代ならではの原因です。

「男性の方がストレス多いんじゃないの?」
と思いますが、男性は昔からストレスと付き合ってきているので、女性に比べて、身体がストレスに鈍感になっています。まぁ、性格と同じで、腸も鈍感なんですね(笑)

自律神経が乱れやすいタイプかチェック!
(3つ以上あったら乱れている可能性高)

・ストレスが多いと感じている
・睡眠不足が続いている
・睡眠時間は6時間以下
・便秘と下痢を繰り返している
・慢性的な肩こりだ

便秘の原因で最も厄介なパターンが 「混合型」

腸のぜんどう運動低下型、肛門括約筋低下型、自律神経のバランス乱れ型、それぞれが合わさって便秘になっているパターンがあります。それが混合型です。

特に、自律神経のバランス乱れ型が厄介で、便秘になると「うんこを出さなくては」と強迫観念を抱いてしまい、それがストレスになって交感神経が優位になり、余計にうんこが出ないという悪循環に陥ってしまいます。

「混合型になったらどうしよう~」
とかなり不安になると思いますが、一つ一つ改善すればいいだけです。

自律神経のバランス乱れ型が一番厄介なので、まずはリラックス習慣を心がける事から始めてみてはいかがでしょうか?



スポンサードリンク


コメントを残す