健康の為にウォーキングする必要はない!?


a407c48ae3e46202955e74de318f9e95_s30



スポンサードリンク

歩く事は健康にとってとっても大切ですよね。
上半身が健康でも、脚が動かないと太ったり、ボケたりする原因になります。
生活の質も悪くなりますよね。

少しでも健康で長生きしたい!

その為に、毎日頑張ってウォーキングしているあなた。
だけど、冬に外を歩くのは億劫だし、毎日何時間も歩くのはツラい。

正直なところ、できれば歩く時間を短くしてくれたら助かるんだけど、、、

そんなあなたに耳寄りな情報をご紹介します!



スポンサードリンク

 ウォーキングする必要がない理由とは!?

『1日1万歩歩きましょう』
昔から言われている、健康になれる歩数ですよね。

これを受けて、朝に犬の散歩がてらウォーキングしたり、
夜にご飯を食べたあとにウォーキングしたり、頑張って歩いていると思います。

1万歩の為に1時間ぐらい歩かなければいけませんが、この1万歩の定義を誤解されている人がいます。

1日1万歩は『運動で1万歩』ではなく、『1日の全ての歩数で1万歩』です。では、私たちは1日どのぐらい歩いているのでしょうか?

約7000~8000歩です。

残りたったの2000~3000歩余分に歩けばOKなんです。
2000~3000歩を時間に表すと10分~20分です。

あと10分~20分余分に歩けばいい

しかも、 歩くのと同じ程度の身体活動でもOKです。
 自転車に乗る
 子(孫)の世話をする
 掃除をする
 釣りをする
 打ちっぱなしゴルフをする

これら全て合わせて1時間以上こなしていたらOKです。
『えっ?それだったら、10分以上やってるよ』

という人が多いのではないでしょうか?
そうです、無理にウォーキングなんてしなくても、
すでに身体活動量は足りていたのです!!

頑張って、苦労して、時間を削って、より健康になる為に歩くことは良い事だと思いますが、歩き過ぎると、軟骨をすり減らしたり、体調を崩したり、体に悪影響が出る事もあります。

あくまで、楽しみながら日々の生活の中にウォーキングを取り入れるようにしましょう。

 1日20分ウォーキングするだけで死亡率が減少する!?

1日1時間もウォーキングしなくても良いとはいえ、歩くことが健康に良いのは事実です。では、どのぐらいの時間ウォーキングすれば良いのでしょうか?

ケンブリッジ大学の調査によると、1日たった20分歩くだけで死亡率が16~30%減少すると事が分かりました。たった20分の違いが、大きな差となるんですね。

『歩くのが億劫だ』という人は、朝の犬の散歩に20分歩いてみてはいかがでしょうか?

参考文献1:厚生労働省『運動基準・運動指針の改定に関する検討会 報告書』
URL:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002xple-att/2r9852000002xpqt.pdf

参考文献2:EurekAlert
URL:http://www.eurekalert.org/



スポンサードリンク


コメントを残す