初デートが失敗に終わる3つの原因とは!?


bc6720099436285e684cc17c9a0ebfc8_s



スポンサードリンク

初デートってドキドキですよね。
うまく彼女をリードできるかどうかが、今後の付き合いにも影響します。

女性は男性を警戒しているので、初デートはまだまだ様子見です。
深い付き合いをしていい人かどうか品定めされてると思っていいでしょう。

だから、初デートを失敗してしまっては、すぐに別れを告げられる可能性もあります。そんな事がないように、失敗に終わる3つの原因を知っておきましょう。

以前の記事『初デートで避けたい3つの場所とは!?』『初デートの準備で気を付ける事はコレ!』も合わせてご覧ください。



スポンサードリンク

 デート代を割勘にする

デート代を割勘にするカップルが増えましたが、
 やっぱり男性が多く払って欲しいと女性は思っています

特に初デートできっちり割勘にされると、女性は幻滅します。結婚を決めたカップルのように、深い付き合いだったら、まだ割勘でも良いと思いますが、基本的には男性が多めに支払うものと思っておきましょう。

 食事代は男7対女3ぐらいの割合が良いと思います。ちょっとした飲み物やカフェ代なんかであれば、たまに奢ってあげるのもいいでしょう。

すると、その姿勢に彼女も応じて、『ここは私が払っとくよ』と支払ってくれたり、『これ、美味しいからあげる』とお返しをくれたりします。逆にこういう気遣いができない女性とは付き合わない方が良いでしょう。

 デートコースを決めていない

女性の気持ちを尊重しようと思って、食事に行くときに『どこに行きたい?』と聞いてきたり、『どこに行こうか?』と、行くところとか、食べる物などいちいち女性に聞く男性がいますが、これはNGです。

 デートは男性がリードするものです。食事に行くときもいくつか候補を出しておいて、女性に選んでもらうというのが良いでしょう。女性は選択肢から選ぶのは得意ですが、自分が計画するのは苦手なので、男性が色々な案を出して、女性が決定する。これが理想です。

 会話が弾まない

初デートで会話が弾まなかったら『私の事本当に好きなのかな?』『この人と一緒にいても楽しくない』と思われます

彼女との初デートだから緊張するのは分かりますが、積極的に話していきましょう。話そうとする姿勢は必ず伝わるので、彼女も協力してくれます。

話す時は オレオレトークにならないように注意しましょう。話さないといけないと思って、ウンチクとか、自分のマニアックな趣味とか、仕事の話など、自分の話ばっかりだとがっかりされます。

 女性は自分の事を話したいと思っているので、どんな話題であっても彼女に話を振って、聞く側にまわってあげてください。彼女の事をよく知ることができるし、彼女も満足するし、一石二鳥ですよ。



スポンサードリンク


コメントを残す