初対面の人と会話が弾む3つの方法とは!?


a0002_011999



スポンサードリンク

初対面の人との会話って緊張しますよね。

 何を話したら良いんだろう?
 何に興味があるんだろう?
 楽しんでくれるかな~?

特に異性となると、何を話していいのか分からず、固まってしまう事もあると思います。
初対面の相手と話す時に 『何を話すか?』よりも『どうやって話すか?』の方が重要なんです。

どんな話題でも良いという事ではありませんが、会話を弾ませるためには話題よりも重要な要素があります。初対面でも会話を弾ませるための3つの方法をご紹介します。



スポンサードリンク

 会話を弾ませる方法 『自分のプライベートな情報を話す』

初対面の相手に対して『どんな人だろう』と不安になるのと同じように、相手もあなたの事を不安に思っています。

 どんな人なんだろう、、、
 愛想の良い人だったらいいけど、、、
 楽しく会話できるかな?

相手もあなたと同じような不安を抱えてるんだから、その不安を取り除いてあげれば、相手も話しやすくなり、楽しく会話をする事ができます。
その不安を取り除く方法が、 あなたのプライベートを話すという事です。

不安に思うのは『どんな人か分からない』からです。
だから『私は話しやすい人です』という事を知ってもらえればいいわけです。

そこで、自己紹介する時にプライベートな情報を入れたり、話題にちょいちょいプライベートな情報を入れる事で、打ち解ける事ができます。

プライベートな情報って仲の良い人しか話さないですよね。プライベートな事を話す事で『あなたの事を友達のように思ってます』というメッセージになり、一気に親近感を感じてもらう事ができます。

 会話を弾ませる方法 『相手の気持ちを聞く』

会話では、自分の事を話すよりも、相手の話を聞くことにウエイトをおきます
人は誰でも 『自分を知って欲しい』と思っているので、話を聞くより、話を聞いてほしいと思います。

ですが、相手がどういう人か分からないのに話すのはイヤですよね?
なので、あなたが自分のプライベートを話す事で話しやすい雰囲気を作ってあげるのです。

初っ端は自分の話中心で、打ち解けたら相手の話中心に進めていく感じです。

相手の話を聞く時も、できるだけ気持ちを聞いていくようにします
楽しかったこと、嬉しかったこと、むかついたこと、悲しかったこと、、、

気持ちを話す事で一気に親近感を感じてもらう事ができるので、オススメです。

 会話を弾ませる方法 『相手の気持ちに共感する』

せっかく相手が気持ちを伝えているのに何も反応しなければ会話は弾みません。
『前に釣りに行ったら、50cmぐらいのタイが釣れまして』
『へ~そうですか』

大きなタイを釣り上げた感動を分かち合いたいと思っているのに、
相手が興味なさそうだったら話をやめますよね?

『50cmですか!そりゃスゴイ!嬉しかったでしょう~』
と、関心を示す事で、相手も 『自分の気持ちを分かってくれた』と感じて、嬉しくなりどんどん話してくるでしょう。



スポンサードリンク


コメントを残す