収入が低いと離婚する可能性は2倍になる!?


bf66723809a49bfa93e7c007e5b2220f_s



スポンサードリンク

結婚生活にはお金よりも愛の方が大切

結婚するまでは、多くの女性がそう思っているのではないでしょうか?特に女性は結婚に対する憧れがあるので、結婚生活をロマンチックなものと捉えている傾向があります。そんな女性も結婚生活が始まって、年を重ねるごとに意識は変化していきます。

お金がないとやっていけない

人を愛するよりも、まず生きていく事が先決です。
二人で厳しい社会を乗り越えていかなければなりません。

でも、ある程度お金があれば、やっぱり愛の方が大切だよね!

とまだ思っている人は、この続きを読んでください
以前の記事『共働きだと離婚しやすい3つの理由』も合わせてご覧ください



スポンサードリンク

収入と結婚生活の満足度は比例する

多くの研究で 『収入が低いほど、結婚生活に対する不満が高く、離婚する確率が高い』という事が報告されています。

アメリカでの研究によると、500万円以上収入がある家庭に比べて、250万円以下しか収入のない家庭は、15年後に離婚率が倍以上になっていました。

今の日本だと、250万円あればなんとか生きていく事はできますが、生きていけても、満足感は得られません。

 旅行とか、外食に行く事ができない
 スーパーに行くと、期限切れ食品にばかり目がいく
 冬に寒くても、節約の為に暖房を入れる事ができない

初めは気持ちが前向きで『頑張ろう』と思っていても、日常のひもじさで不満が蓄積し、やがて『なんでこんなに辛い思いをしなければいけないんだろう』と情けなくなってきます。

愛はお金で買えないけど、お金がなければ愛は続かない

収入は愛情を続けていくためのガソリンの役割になります。日常生活である程度ひもじい思いをしないぐらいの収入は必要でしょう。都会で暮らすのであれば、年収でいうと大体400万円以上は必要だと思います。

家族との時間を大切にしたらどうなるか?

よく聞く妻の不満に『夫は仕事ばっかりで、家族との時間を大切にしない』というものがあります。

給料より家庭を取ったら悲酸な目にあう可能性がある

女性の社会進出が盛んになった今でも、夫がフルタイムで働いて、妻は家事育児が中心で、仕事はパートといった家庭が多いと思います。

収入はやっぱり夫が中心になるので、夫としては仕事を頑張って収入を増やせば家庭は安泰だろうと思う訳です。それなのにこういう不満を言われると、妻の言葉をストレートに解釈してしまい、一部の人は『仕事を抑えて、家庭を大切にしよう』と思って、給料より家庭を選択する人がいます。

初めは家族との時間を大切にする夫に対して、妻も満足して幸せな結婚生活を送るのですが、だんだんと子どもが大きくなり、お金が必要になってくると、後悔する事になります。生活のすれ違いは話し合えば解決する事もありますが、お金が足らない場合、すぐに稼ぐことができるかといえば、答えはNOです。いったん家庭を選択してしまうと、取り返しのつかない事になる可能性があるという事です。

妻に対してのアンケートで『結婚生活に必要なものは何ですか?』との問いに、『経済力』と答える割合が、年齢が上がるにつれて増加するのは、こういう状況を物語っていると思います。やっぱりお金は大事です。



スポンサードリンク


コメントを残す