同棲すると結婚できなくなる3つの理由


c10ac6d81c2fda35136d54858c694e83_s



スポンサードリンク

好きな恋人と同棲したいと思う気持ちはよく分かります。好きな人ともっと一緒に居たいと思うのは当たり前ですし、同棲する事でもっと愛情が深まるんじゃないか?と思いますよね。また、同棲は『一回はしてみたい』と思う憧れの生活でもあります。同棲に対して色々と夢があると思いますが、

同棲すると結婚できなくなるかも知れません

実際に、同棲状態がダラダラと何年も続いてしまい、結婚できていないカップルもたくさんいます。結婚前に同棲するとなぜ結婚できなくなるのか?その理由をご紹介します!



スポンサードリンク

 結婚する理由がなくなる

同棲すると結婚できない最大の理由がコレです。同棲は結婚と違って、面倒くさい手続きをしたり、親戚づきあいをする必要がありません。嫌だったら別れれば良いだけで、バツイチというレッテルも貼られません。

 二人の世界にどっぷり浸ることができます。二人だけの楽しい時間を味わう事ができて、とても幸せな日々を過ごせるでしょう。

その状態から、なぜ面倒くさい手続きをしたり、親戚づきあいをしないといけないのでしょうか?社会的な責任とか、けじめなど、古風な考えを持っている場合は結婚するかもしれませんが、 普通だったら『面倒くさい夫婦関係』よりも『気楽に楽しめる同棲関係』を選びますよね?

特に男性は『気ままに暮らしたい』という欲求が強いので、一度同棲の楽しさを知ってしまうと、なかなか結婚に踏み切れず『結婚しなくても良くない?』と思ってしまうのです。

ズルズルと同棲生活を長引かせない為には 期限を区切る事が大切です。あくまで、二人でやっていけるかどうかを判断する期間と位置づけ、半年とか1年と期限を区切れば、気持ちの整理もつきやすいでしょう。

 相手のイヤな所が見えやすい

同棲する目的を『結婚前の準備期間』としているカップルが多いと思いますが、どこかで 『結婚する前だから、嫌だったら分別れたらいい』という意識があると思います。

結婚して初めて二人で暮らす場合、何とか離婚しないようにしようと思って、相手の良い所を見つけようとしたり、相手に不満に思われないように頑張ったりするのですが、同棲の場合はその意識が相対的に低く、自分中心の生活になりがちです。

特に男性が問題です

女性は『相手の気持ちを考えて行動できる』『家事が得意』『キチンとする』ので、彼氏に不満を与えません。一方 男性は、『相手の気持ちを考えない』『家事が苦手』『ガサツな行動』という特徴があって、彼女に対して不満を発生させてしまいます。

『嫌だったら別れたら良い』という意識があるので、結婚して初めて二人暮らしする男性よりも、 彼女を気遣う事をしないでしょう。彼女がその不満を彼氏にぶつけると『俺たち合わないみたいだから別れよう』となってしまう可能性があります。

 別れる事にハードルが低くなる

これも、上に書いた『嫌だったら別れたら良い』という意識が根底にあるのが原因です。結婚すると『離婚したら周りに迷惑が掛かるし、カッコ悪い』と思うので、お互いイヤな事があっても別れないように頑張りますが、 同棲の場合は周りに気を使う事もなく、恋人との破局という事だけなので、別れる事にそれほど抵抗がありません

育ってきた環境が違う二人が、一緒に暮らすのだから、相手への不満がたくさん出てきます。朝はパンかご飯か、便座を下げるか下げないか、洗濯は毎日するか1週間まとめてするかなど、一つ一つは小さな不満ですが、それが積み重なると大きな不満に変わります。

 そんなに不満を感じるんだったら、一緒に暮らす意味ないんじゃない?と思って別れてしまうのです。



スポンサードリンク


コメントを残す