オモシロ地名|日本で唯一のOOな都市は?


OLYMPUS DIGITAL CAMERA



スポンサードリンク

日本にはユニークな名前の地名がたくさんありますが、
その中でも、全国に一つしかない特徴を持った地名があります。

日本で唯一、カタカナで表示された市
日本で唯一、企業名の付いた市
日本で唯一、駅名が付いた市

日本の唯一のOOな市についてご紹介します。



スポンサードリンク

かつて日本で唯一、カタカナで表示された市とは?

現在、自治体としてカタカナ名で表示されるのは北海道のニセコ町と、滋賀県のマキノ町の2町です。どちらもスキー場が有名だったので、そこから名づけられた地名です。

「市」としては全国広しといえど、一つもカタカナ名はありません。
しかし、これまでに唯一カタカナ名であった市がありました。

その市とは現在の沖縄市になった沖縄県コザ市
昭和49年に美里村と合併したのを機に沖縄市に改名されました。

「コザ」は米軍がこの地域の地名「胡屋(ごや)」を間違って呼んでしまった為に付けられた名前です。そして、当時コザ市と言えば基地の町というイメージがあったので、それを払拭するために沖縄市に改名したのですね。

ちなみに、沖縄市は県庁所在地ではなく那覇市が県庁所在地です。

日本で唯一、企業名の付いた市とは?

東京都の府中市東芝町、大阪府の池田市ダイハツ町のように、町単位では企業名の付いた地名がありますが、自治体クラスで企業名のついた地名は一つだけです。

皆さんもご存知の「豊田市」です。

企業名が自治体名になるなんてスゴイですよね。

ちなみに、豊田市の前身は「拳母(ころも)町」という農業の町でした。そこにトヨタ自動車が進出して農業から工業の町へと一変するんですね。

トヨタ自動車は急成長し、人口も増えて、町から市に上がり、昭和34年に日本で最初の自動車専門の組み立て工場が完成したのを機に「豊田市」になりました。

今も、豊田市の住民の大半が何らかの形でトヨタ自動車に関係していると言われています。トヨタ自動車の本社は豊田市トヨタ町1番地にあります。

日本で唯一、駅名の付いた市とは?

東京の一ツ橋大学がある市と言えば国立市です。
東京のベッドタウンとして発展していますが、比較的歴史の浅い市です。

国立市の前身は谷保村というのどかな農村でした。その谷保村の北部にJR中央本線が敷かれ、それまでにあった国分寺駅と立川駅の中間に新駅を建設される事になりました。

駅の近くの地名が駅名になるのが普通ですが、谷保村の中心は南部だったので、駅からは離れています。そこで、なんと国分寺駅の「国」と立川駅の「立」が合わして「国立駅」にしたのです。

なんて適当な名前の付け方!

そして、駅を中心に大きく発展して、いつの間にか谷保村の中心も南部から北部に変わり、谷保より国立の方がふさわしいんじゃない?となり、国立市に変わったという事です。



スポンサードリンク


コメントを残す