女性を褒める時の3つのポイントとは!?


a0002_009261



スポンサードリンク

 どんなにブサイクでも
 どんなに美人でも
 どんなに根暗でも
 どんなに明るくても

女性はみんな「褒めて欲しい」と思っています
何とも思っていない男性からでも褒められると嬉しくなるし、
褒めるポイントが的を射ていた場合は、意識しだすかも知れません。

女性が思わずキュンとくる褒め方のポイントをご紹介します。

以前の記事『女性が喜ぶ褒め言葉とは?』も合わせてご覧ください。



スポンサードリンク

 女性を褒める時のポイント 「短所も褒める」

当りまえですが、美人な女性は、普段から「美人ですね」と言われ慣れています。
とはいえ、褒められて嬉しくないワケではないので、「美人ですね」と言ってあげます。

そんな美人にも短所があります。
周りは思っていなくても、自分で短所だと思っている所、いわゆるコンプレックスですね。話していると必ずコンプレックスに思っていそうな所が出てきます。

そこをすかさず褒めるんです。
その為に、冒頭の褒める時に、単に「美人ですね」とは褒めず、
「美人ですね、コンプレックスなんてないのでしょうね」
と伝えます。

すると「いえいえ、コンプレックスだらけですよ」となります。
「へ~、どんな所ですか?」と伝えると、色々と出てくるでしょう。
鼻が低いとか、足が短いとか、色々と体型に関する事が出てきます。

そこですかさず
「OOさんがコンプレックスに思うなら、他の女性全員コンプレックスに思ってますね」
と女性を褒めてあげましょう。

こんな感じで、 「OOさんってコンプレックスなんて無いんでしょうね」と聞くと、ドンドン出てきます。

女性は「この人聞いてくれる」と心を許した相手に対しては、色々と聞いてほしいと思うので、「私ってOO(悩み)なんですよ」と悩みを打ち明けてくるでしょう。どんどん話してくるはずです。そこを全て肯定的に褒めてあげると、「この人他の男と違う」って事になります。

 女性を褒める時のポイント 「オーバーにほめる」

これは、ひな壇芸人のようにオーバーリアクションをするという事ではありません。
 普通だったら別に褒めないような些細な事を褒めるのです。

例えば、会った瞬間
「おっ、今日はいつも以上に良い顔してるね。何かいいことあったの?」
と、別に良い顔していると思ってなくても言います

すると、女性も良い事を探し出すので、些細な事でも伝えるでしょう。
例えば、占いで1位になったとか、帰りにお気に入りのスイーツを買いに行くとか。

男にとってはどうでもいいような、 小さな幸せを大事にするのが女性です。そこを、褒めていきましょう。

「だから良い顔してたんだね、キラキラしてるよ」
女性はキラキラという言葉が大好きなので、使ってみてください

 女性を褒める時のポイント 「ウソをつく」

女性もバカではないので、自分の事を冷静に捉えています。
ブサイクな自分、服のセンスがない自分、言葉遣いが汚い自分、、、。

それでも、褒められたらうれしいものです。
たとえ、それがお世辞だと分かっていてもです。

そんな ポジティブなウソをつける男性はかなりポイント高いですよ。
「あ~、私の事を褒めようと頑張ってくれてるんだな~」
って感じです。

例えば、服のセンスがない女性に、ダサいと思っていても
「今日も似合ってますね。いい感じですよ」
と伝えてあげましょう。

「そうですか~、なんかパッとしないなと思ってて、、、」
と言ってきたら、すかさず
「そんな事ないよ、そのスカート可愛いと思うよ」

と具体的に褒めてあげましょう。



スポンサードリンク


コメントを残す