家賃交渉の裏ワザ!【本気で値下げしたい人限定】


db35870514e67f09be2b0f6ddc74d23c_s19



スポンサードリンク

賃貸物件を探す時に一番重要なのが「家賃」ですよね。
1000円違うだけで年間1万2千円も違ってきます。

1万2千円あれば、2か月分の通信費が浮きますよね。

誰でも「家賃交渉をする」という意識はありますが、
具体的な方法を知っている人は少なくて、

結局、不動産屋の思うがままで契約となっています。

どうやったら、家賃を値下げる事ができるのか?

私が実践して1万円引き下げた、家賃交渉の裏ワザをご紹介します!

「内見するする時に騙されたくない」という人はこちら
「物件選びで失敗したくない」という人はこちら
「ペット可物件を選ぶときの注意点を知りたい」という人はこちら



スポンサードリンク

ステップ1 家賃交渉できる物件を見分ける

どんな物件でも家賃交渉できると思ったら大間違いです。
駅近、オートロック、築年数浅、このような好条件の物件は、家賃を下げなくてもすぐに埋まるので家賃交渉が難しい物件です。「値下げしてよ」→「ムリです」で終了です。

不動産屋はあらかじめ、オーナーや管理会社から「値下げに応じない」か「OO円までなら値下げする」と確認しています。それ以上は不動産屋は動こうとしません。というより動けません。もしそれ以上の値下げを要求した、その不動産会社は切られる可能性があるからです。

だから、まず家賃交渉できる物件なのか、家賃交渉ができない物件なのかを知るために、
「どこまで値下げできますか?」
と不動産仲介会社に質問しましょう。

家賃交渉できるかできないかの見分け方

1⃣絶対に家賃交渉できません → NG
2⃣5000円までなら下げれます → OK
3⃣オーナーに確認します   → 可能性あり

狙っていくのは2⃣と3⃣の物件です。

ステップ2 オーナーと連絡を取る

賃貸物件には次の3パターンがあります
1⃣個人がオーナーの物件
2⃣管理会社がオーナーの物件
3⃣仲介会社がオーナーの物件

このうち、個人がオーナーの物件がほとんどです。
個人で管理したり広報したりするのは大変だから、大体は管理会社に丸投げしています。その管理会社が不動産仲介会社(エOブO、OO21など)に依頼して、私たちがインターネットで見る事ができるのです。

色々と複雑な状況はありますが、価格を決めるのはあくまでオーナーです。
そして、オーナーは大体が年配のお年寄りです。
ココを狙っていかない手はないでしょう。

では、どうやってオーナーと連絡をとれるのか?
どこのサイトにも載っていないマル秘情報です

オーナーに連絡を取る方法

1⃣法務局に行って、登記簿を請求する
2⃣登記簿に記載されている所有者情報から104で電話番号を入手する
3⃣オーナーに電話する

登記簿はだれでもお金を支払えば入手できます。
そして、登記簿に書かれている所有者がオーナーですので、
そこに書かれている氏名や住所から、104で電話番号を入手しましょう。

そして、オーナーに電話します。

ステップ3 オーナーに会いに行く

オーナーに連絡をした時に「家賃を下げて欲しい」と言ってはいけません。
まず会ってもらう為のアポイントを取ります。
このファーストコンタクトはとっても大切なので、入念にトークを用意してください。

オーナーは年配の人が多いので、年配の人に好かれる必要があります。
年配の人が好きなのは『誠実な人間』『爽やかな人間』です。

変に声のトーンを上げたり、逆に暗すぎるのもNGです。

オーナーとアポイントを取る方法

1⃣自己紹介
2⃣どうやって物件を知ったか、ありのまま話す
3⃣物件を褒めまくる
4⃣どうやって連絡先を知ったか、ありのまま話す
5⃣ご挨拶に上がりたいと伝える

初めは営業の電話だと思われるので、物件を検討している者という事をハッキリと伝えましょう。そして、どうやって物件を知ったかを誠実に伝えます。

ここで、不快な感じを持たれると後の交渉ができないので丁寧に伝えるようにしましょう。相手は年配者なので、ゆっくりと大きい声で伝えるとGOODです。

その上で、物件を褒めまくります
特に「管理が行き届いていて、他の物件に比べてすごくキレイ」と
キレイさをアピールします。

オーナーは個人なので、自分で掃除している場合があります。
「築年数は経っても、他の物件よりもキレイだ」と思っているので、
そこを褒められるとかなり嬉しくなります。

その上で、どうやって連絡先を知ったかを伝えます。
「物件に一目ぼれしてしまって、どうしてもオーナーと話したいと思ったので、登記簿を調べさせていただきました」
と伝えます。

電話を掛けてきた時点で、不快に思うオーナーもいるので、断られる可能性もありますが、家賃交渉できる物件のオーナーは、物件に絶対的な自信がないので、管理が行き届いている点を褒められると嬉しくなって会ってくれる可能性も上がります。

ダメもとで、だけど慎重に連絡を取ってみてください。

オーナーに会いに行く暇がない場合は、この時に家賃交渉してもOKですが、
できれば誠実さを見せるためにも、会いに行く事をオススメします。

ステップ4 オーナーと交渉する

年配の人は『清潔な人』『誠実な人』が好きです。
なので、オーナーに会いに行く日は以下の点に注意しましょう
1⃣スーツ
2⃣身だしなみを整える
2⃣菓子折り

そして、約束の時間ピッタリに訪問して、挨拶しましょう。
ポイントは笑顔です。

中に通されて、菓子折りを渡し、談笑しましょう。

オーナーと談笑する時のポイント

1⃣名前、年齢、出身地、仕事、趣味、など自己紹介します。
2⃣今回、賃貸を探した経緯を伝えます
3⃣物件を褒めまくります
4⃣オーナーの不動産運営術を伺います。

一通り談笑が終われば、クロージングに入ります。
「どうしてもあの物件に住みたいのですが、家賃がちょっと、、、」
と切り出します。

そして、事前に不動産仲介会社で確認した値段よりもプラス5000円以内の範囲内で交渉しましょう。

例えば家賃9万円の物件で、8万5千円まで下げれると聞いていた場合、8万円までならいけます。

仮に自分が思っていた家賃がダメでも、オーナーが持ってる他の物件や、
知り合いのオーナーを紹介してもらえないか尋ねましょう。



スポンサードリンク


コメントを残す