寝る事でボケるのを防ぐ事ができる!?


psychology-544405_640



スポンサードリンク

2025年には、認知症患者が700万人を突破。
65歳以上の5人に1人が認知症という時代がやってくる、、、。

厚生労働省から衝撃的な発表がありました。

どれだけ体が健康であっても、ボケたら生活の質がガクンと落ちます。
どれだけお金があっても、いつボケるか分かりません、、、。

ボケない為に、健康食品を食べたり、運動したりと、色々と気を付けていると思いますが、一番お金が掛からず、一番簡単に取り組めるボケ防止方法は『寝る事』でした。

なぜ寝る事でボケを防止できるのか?
ご紹介します。

 脳はいつ、どうやって掃除してるのか?

認知症の代表的なタイプが「アルツハイマー型」です。
脳内にアミロイドベータと呼ばれるたんぱく質が蓄積する事が原因で発症するとされています。

アミロイドベータが蓄積しなければボケない

私たちの体にはリンパ管が張り巡らされていて、代謝で生まれた不純物を排泄しています。
脳にも同じようにリンパ管があって、アミロイドベータを排泄してくれている、、、。

残念。脳にはこのリンパ管がありません!!
脳は細胞でぎっしり満たされていて、血管以外の余分な管が入り込める隙間が無いんです。

では、いったい脳はどうやって不純物を掃除しているのでしょうか?

その答えが 『脳脊髄液』にあります。脳脊髄液は脳の外側を満たしている液体で、外部の衝撃から脳を守る役割があります。この脳脊髄液が、脳内に生まれた不純物を血液に戻して、外に排泄しています。リンパ管と同じ役割を果たしてるんですね。

しかし、脳脊髄液は外側にあるので、ギッシリ詰まった脳の内部までどうやって入り込むのでしょうか?

寝る事で、脳脊髄液が脳の内側に入り込む

寝ると脳が小さくなって、適度な隙間を作ります
そこに脳脊髄液がダーッと流れ込んできて、不純物を取り除いてくれるんです。

脳を活性化させようと、仕事や趣味に精を出すのも良いと思いますが、睡眠を削ってまで精を出してしまうと脳に悪影響を与えてしまいます。仕事も趣味も適度に頑張って、睡眠時間は確保するようにしましょう。『寝る子は育つ』ならぬ『寝る大人は健康になる』です

 どのぐらい寝たらいいの?

寝る事がボケ防止に繋がる事はご理解いただけたかと思いますが、ではどのぐらい寝たらいいの?と思いますよね。7時間寝るのが良いのか、8時間寝るのが良いのか。アメリカでの最新の調査によると、 7時間が一番死亡リスクが低いという結果が出ていました。

とはいえ、年を重ねるごとに一気に7時間も寝る事ができなくなるので、ムリをしないで、眠たいときに寝る事をオススメします。



スポンサードリンク


コメントを残す