尽くす女がダメな理由は?彼氏に尽くしても報われない


あなたは尽くすタイプの女性ですか?

friendship-422247_640



スポンサードリンク

女性は母性本能から世話好きの人が多く、彼氏に尽くしてしまう女性がいます。
 モーニングコールをしてあげたり
 お弁当を作ってあげたり
 休日に洗濯してあげたり、掃除してあげたり

彼氏に喜んで欲しくてやってあげていると思いますが、
それがあなたの重荷になっていませんか?

しかも、初めはありがとうと言ってくれてたのに、最近は少なくなってませんか?このままだと、気づいた時には母親のような存在になっていたなんて事も、、、。

尽くす女がダメな理由と、どうすればうまくやっていけるのか?対策をご紹介します。
以前の記事『彼に振られた理由は尽くす女だったから?』『彼氏を束縛すると破局する理由とは!?』も合わせてご覧ください。



スポンサードリンク

男性社会にはお返し文化はない

女性同士だったら、何かしてもらったら、お返しにプラスアルファを付けて何かをあげると思います。例えば、お菓子を貰ったら、違うお菓子をちょっと多目にあげるという事です。

女性同士は全員対等な立場で、コミュニティの文化なので、それが当たり前なのですが、
 男性は「お返し文化」がありません

男性も何かをしてもらったら、嬉しく思います。
だけど、嬉しい気持ちと同時に「自分の方が立場が上」という優越感も感じるのです。

男性社会は上下関係で成り立っており、目上と目下、上司と部下、お得様と下請け、というように、立場にきっちりと線をしきます。だから部下からお歳暮を贈られるのは当りまえだし、下請けに無理強いするのも当たり前です。立場が上なんですから。

プライベートでも同じです。
友達と飲み会に行ったときでも、「今日は俺のおごりだ」と言われれば、ラッキーとした思いません。次回は俺が奢るとか、違うものでお返しするなんて事は一切しません。「お返しする」なんて文化が男性にはないんです。

尽くされると男性は図に乗る

お返し文化がない男性に尽くすと、男性はどう思うかというと
「俺の事をホントに好きなんだな、嬉しいな~」
です。

なぜ、やってくれているのか、自分も彼女に何かできないか、という気持ちは一切生まれません。そして、母親がいつもやってくれているのと同じで、尽くされるのが当たり前になっていきます。

そして尽くさない事が不満になるのです。例えば、モーニングコールしない日が続くと「なんだよ、前までやってくれてたのに!」と思うのです。

これでは完全に彼氏が優位な立場になってしまいます
あなたは彼氏が大好きで、彼氏はあなたをそれほど好きではない。
あなたを母親のようにしか見れなくなっていき、恋愛感情がなくなる恐れだってあります。

すでに尽くしてしまっているのであれば、
今すぐに対策をする必要があります。

何かやってあげる時のポイントは?

尽くすのを一切やめるのは、二人の関係を悪い方向に向かわせる原因にもなるので、適度にやってあげる事を残します。

問題は、何をやって、何をやらないか?です
オススメは 何も見返りを求めないボランティア精神です。

何かをやってあげたら、どうしても見返りを求めてしまうのが人間です。
でも、ボランティアと思ってやっていたら、見返りを求めませんよね。

彼氏に対しても同じで、彼氏からありがとうと言われなくてもムカつかないぐらいの事をやってあげましょう。そうしたら、あなたの精神衛生も良好ですし、彼氏も嬉しい気持ちが残ります。



スポンサードリンク


コメントを残す