彼女を怒らせた時の上手な対処法


2c44621a76ccd97dd88ecf86ce875b6e_s



スポンサードリンク

 デートの時間に遅刻したり
 彼女をバカにしたような言い方で話したり
 彼女の気持ちを考えずに行動したり

彼女を怒らせてしまう時があると思います。
彼女から『信じられない!』とか『なんでそんな事するのよ!』と責められると、つい『負けてはいけない』と思って、『そんなこと言ったって、、、』とか『イヤイヤ、それは違うでしょ、、、』と反論してしまう。そしてケンカに発展するんですよね(笑)

ケンカの後の仲直りは大変なので、できればケンカに発展しないようにしたいですよね?

彼女を怒らせてしまった時に、どうすれば良いか?
彼女を怒らせてしまった時の上手な対処法をご紹介します!



スポンサードリンク

彼女が怒るのは『私の気持ちを分かって欲しい』と思ってるから

女性の会話は男性のように『勝ち負け』ではなく 『気持ちの共有』が目的です。

相手と親密な関係を築きたいので、相手に多少の不満があっても面と向かって批判しません。彼氏は一番気持ちを共有したい相手で、友達よりも嫌われたくない存在です。

だから、 彼女が怒るのは相当なレベルで『私の気持ちをわかって欲しい!』と思っている時です。

決して彼氏よりも立場を上にしたいとか、彼氏に勝ちたいと思っているわけではなく、心の中の悲しい気持ちをわかって欲しいだけなのです。その気持ちをフォローしてあげましょう。

ひたすら謝る、反論しない

電車が遅延してデートの待ち合わせ時間に30分遅れたとしましょう。前回も仕事の都合で1時間遅れています。デートの場所に着くと、彼女は何やら不機嫌そうな様子、、、。

『前も遅刻したよね。ずっと待ってたんだけど!』

電車が遅延するのは自分では防ぐことができない原因なので『オレは悪くない』と思って、『そんなこと言ったって、電車が遅延したのは仕方ないでしょ?』とつい反論してしまいます。

もちろん彼氏の言ってる事は間違っていません。電車も仕事も仕方がない事です。だけど、彼女の気持ちを考えると、反論するのはNGです。

彼女が言いたいのは『会う時間が少なくなって悲しい。この気持ちをわかって欲しい』という事です。 寂しい気持ちにさせた事に対して謝りましょう

『ゴメン!ホントごめん!!』
『この前も遅刻しちゃったよね。今日は俺が奢るから許して!』

と謝ります。女性は過去の記憶を呼び起こす能力が高いので、前回のイヤな気持ちも覚えています。それもフォローできれば完璧でしょう。

彼女の気持ちに共感する

彼女がなんで怒ってるか分からない

と思った事がたくさんあると思います。どこに不満を持ったのか分からず、自分の中では正しいと思っているので、つい反論してしまいます。

謝れと言われても何に謝ればいいか分からないので謝りようがありません

そんな時は 怒っている理由を聞き出そうとせずに、彼女の気持ちに共感してあげてください

『何で怒ってるのか訳わかんない』というスタンスではなく『彼女はどういう気持ちなのか』というスタンスが大切です。

『寂しかったよね』『ツライよね』という感じで『あなたの気持ちを分かりたい』という事を伝えます。その上で『そんな気持ちにさせてごめんね』と謝りましょう。



スポンサードリンク


コメントを残す