彼女欲しい!合コンでモテるオモシロ会話ネタ集


1103_04



スポンサードリンク

合コンでモテる人は
1⃣メンバーの中で一番カッコいい
2⃣メンバーの中で一番金持ちの人
です。

だから、基本的に
 チビ、デブ、ハゲ、ブサイク
 3流大学生、小さな会社のサラリーマン
モテません

しかし!合コンでモテる人の特徴がもう一つだけあります。
3⃣話しが面白い
です。

合コンは宴会なので、盛り上げ上手が一番重宝されますし、
ある意味、カッコいい人よりも、金持ちよりもモテます!

その為に、2つ3つは「面白い小ネタ」を持っておきましょう。
大阪人である筆者がオススメする面白小ネタをご紹介します。



スポンサードリンク

ブラボー!の話

これは友人が怖い目にあった話です。
友人は奥さんと二人暮らしで、夜は一緒の寝室で寝ていました。

そんなある日の深夜2時ごろ。その日はなかなか寝付けなくて、
トイレで雑誌を読んでいたところ、隣の部屋で何やらごそごそと音が聞こえてきました。

「また妻が寝ぼけてウロウロしてるな」

何をしているのか確かめようと、トイレから出て部屋を開けてみると、
そこには、奥さんではなく黒い服を来た男がいるではありませんか!

ドロボーを見た瞬間、友人は気が動転しまい、大声で叫んでしまったそうです。

ブラボー!!!!!

OOも愛する吉野家の話

皆さんは、吉野家が好きですか?
吉野家と言えば日本を代表する牛丼チェーン店で、多くの男性に愛されているお店です。
私も週1以上は通う、吉野家フリークです。そんな吉野家で起きたある日の出来事の話。

いつものように吉野家に行って、注文しようとすると
どこかのオジサンが怒鳴り散らしてました。

どうやら店員さんがお釣りを間違えて少なく渡してしまったらしく、
それに気が付いて引き返してきて怒っているみたいでした。

「そんな事で怒鳴らなくてもいいのに。大人げない人だな~」
と思いながらやり取りを聞いていると、
段々とオジサンがヒートアップしてきて、顔を真っ赤にしながら叫んだのです。

これが、あのキン肉マンも愛した吉野家か!!!!!

そのセリフを最後に店を出たオジサン。
決め台詞それで良いの??

教習所の話

高校生の頃、俗にいうゲンチャリがダサいと思っていた私は、思い切ってバイクの中型免許を取るために教習所に通う事にしました。まだ16歳という初々しい年齢だったので、教習所ではいつもガチガチに緊張していました。

そんなある日、初めての技能講習でコースの説明を受けるため、教官の後ろに乗る事になりました。大きなバイクの後ろに乗るのが初めてだったので、いつも以上にガチガチになってしまった私。

どこに手を置いていいのか分からずに躊躇していると、
「早くつかまって」と教官に言われ、慌てた私は何を思ったのか
とっさに教官の襟首をつかんでしまったのです。

教官に「オレはネコか?」と言われ、さらにテンパった私は耳も不自由になり、
教官から「腕を腰に回すんだよ!」と言われてるのに、
とっさに二の腕をギュッとつかんだのです。

その瞬間、「運転できねーよ!!

確かにおっしゃる通り。

コンビニでの話

文字通り、どんどん便利になっていくコンビニ。
日に1回はコンビニに行く人もいるぐらい、生活になくてはならない存在になりました。

そんな生活に密着している場所だからこそ、色々な出来事に遭遇するわけで、、、。

ある日、いつものようにコンビニに行くと、レジで領収書を貰おうとしてるオジサンがいました。

名前を恭平(きょうへい)と言うらしいのですが、恭を「うやうやしい」と伝えましたが、若い店員さんは字がわからなかったらしく、「公共の共に、あと四つ、点を打てばいいです」と言いました。

店員さんは分かったらしく、スラスラと書いてオジサンに渡したところ
オジサン「ああ!なぜ縦に四つ打つ!

コンビニでの話パート2

深夜のコンビニは色々な人種がいる世界です。
なので、色々な事が起こるわけです。

ある日、深夜のコンビニに入ると、明らかに酔っぱらっている50歳ぐらいのハゲたオジサンがいました。

そのオジサンは、フリーターっぽい金髪の男性店員が気に障ったのか、
「なんで髪の毛染めてんの?」
と絡みだしました。

あ~だこ~だ文句を垂れて、男性店員も段々と顔色が変わってきたので、面白い感じになるかと見守っていると、
オジサンが「親から貰った体の一部だろう!金髪にするなんて、親不孝じゃないか!」 と怒鳴った瞬間、堪忍袋の緒が切れた男性店員が放った衝撃の一言

お前こそ親に貰った大事な髪どこやった!

そこは触れないで、、、、。

母さんとメールの話

六二歳の母が、最近ようやくメールを使えるようになり、電話が通じない時でも連絡を取ることができるようになりました。ただ、まだ漢字変換が得意でないので、「ワカタ(分かった)」とか「リョカイ(了解)」のように中国人のようなメールになります。

そんな母からもらった先日のメール

件名:あつイで死ね
本文:

一瞬ショックを受け、ちょっと悩みました。
という話。

母さんとカレーとお弁当の話

私の母親は、何でもお弁当に入れる癖があります。
前の日がおでんなら、おでんが入り、前の日がお好み焼きなら、お好み焼きが入っています。

そんなある日のお弁当は「カレー」でした。
もちろん、魔法瓶のようにしっかり閉まるお弁当箱は当時なかったので、
その時点であり得ないお弁当なのですが、そこは百歩譲ってヨシとします。

そのカレーに肉の代わりにちくわが入っていましたが、これもヨシとします。
さらに、福伸漬の代わりにたくあんが入っていましたが、これもヨシです。

ただし、箸だけは許せない、、、、。

母さんのマイナスイオンの話

六二歳の母親は、なかなかの天然キャラです。

今年の夏に、母親がマイナスイオンを発生させる扇風機を買ってきました。
マイナスイオンが余程嬉しかったのか、興奮した母が放った一言

「この扇風機はイオナズンが出るんよ。」

母さんのマイナスイオンはイオナズン級だった、、、、。

高校時代の恥ずかしい話

国語の授業で先生に当てられた生徒が、みんなの前で音読するシーンがありますが、
漢字が読めない時って困りますよね。

私が高校2年生の時の思い出です。

先生 「今日の授業は、昨日の続きの121ページ、前から3行目からですね。今日は9月10日だから出席番号10の山田君!教科書読んで。」
俺 「はい、、、最近家のが色づいてきました」
先生 「!?、、、その字は姉じゃないだ」

IPOD mini の話

今や音楽をスマホで聞く時代ですが、以前は「iPOD mini」が最先端でした。

IPODが発売された当時は、洗練されたデザインに心が躍り、
音楽プレーヤー以上の事ができるんじゃないか!
そう思った人も多いのではないでしょうか。

そんな時にヨドバシで見かけたある女性。
若くてとてもカワイイ女性で、流行の先端を行ってるね~って感じでした。

iPod miniに興味があるのか、恐る恐る手にとってデザインを確認し、
次に、適当にボタンを数回押して、、、、、本体をそっと右耳に当てていた

音はイヤホンから出ます。

姉と美容師の話

姉が学生時代に、地元のスーパーでバイトをしていた時の話です。

いつも土曜日の夜8時ごろにやってくる、美容師っぽい感じのイケメン男性に恋心を抱いていた姉。

そんなある日、果物を積んでいる姉にそのイケメンが近づいてきて、そっと耳元で
「何時まで?」と聞いてきたのです。

まさかの急展開にテンパった姉は、しどろもどろになりながら
いっ、いつもは閉店までですけど、今日はもうすぐ終わりです!

美容師風イケメンは3秒ほど考えたすえに、申し訳なさそうに
「お店は何時まで開いてますか?」

それから、姉はイケメンが来るとバックヤードに消えるのでした。

犬の名前の話

皆さんはペットの犬の名前をどうやって決めていますか?
「サクラ」とか「ハッピー」とかカワイイ名前もあれば、
「小太郎」とか「ケン」とか渋い名前もありますよね。

調べてみると食べ物の名前を付けるの人が多いようで、
「チョコ」「マロン」「ショコラ」「クッキー」など上位には横文字が目立ちます。

我が家でもペットに犬を飼う事になり、家族会議が開かれました。

姉「やっぱ可愛いのがいいよね!カタカナでも漢字でもいけそうな名前。シオンとか!」
私「人気なのは食べ物の名前で、チョコ とかクッキーとか人気みたいだよ」
母「私は、渋い感じが良いと思うわ。又二郎とか小鉄とか」
父「何でもいいけど、人前で呼んで恥ずかしくならない名前にしてくれよ 」

そして結果選ばれた名前は

ごまぞう

私達は、一体どこで間違ったのか

友達と隣の部屋に住むギターヤローの話

友達のマンションの隣には明日のデビューを夢見るギター青年が住んでいます。

普段は静かなのですが、ノッテいる時はつい熱が入ってしまうのか、かなりの音量です。
ウマければまだマシなのですが、ド級のヘタクソのようで、明日どころか何年先のデビューも決まらないぐらいだそうです。

ある日も、テンションがあがったのか、かなりの音量で弾いていたので、
腹を立てた友人が思わず「下手くそなギターやめろっ!」 と怒鳴りました。

すると、ギターの音は止み、これでようやく眠れると思ったら
今度は尺八の音色が響いてきた!それもめちゃくちゃウマい!

そういう意味じゃない、、、、。

女友達のネグセの話

女性は出かける時に何時間も掛けて服をコーディネートして、メークをします。
そして髪型もとても大切なポイントです。
髪型が決まらないと、一日中テンションが低いままという人も多いのではないでしょうか?

私の友人もその中の一人で、髪の毛に相当お金を掛けています。

そんな友人がある日彼とデートに行く予定でしたが、寝坊してしまい、しかもひどい寝癖。
テンションがMaxで下がった彼女は、デートを諦めるために彼にメールを送りました。

ねぐせがひどいから 今日のデートいけなーいww」

しばらく返信が来なかったので、軽いメールに彼が怒ったのかと思い送信済みメールを確認したところ」

ねぐそがひどいから 今日のデートいけなーいww」

そりゃあ絶句だわ、、、、。

親子関係の話

皆さんは親子関係うまく行っていますか?
小さい頃から甘やかしてしまうと、大人をなめる子に育つので厳しめに育てているご家庭も多いと思います。規律を保たせる事は大切な教育ですからね。

そんな規律を保った親子を、いつも行くスーパーで発見したのでご紹介します。
5歳ぐらいの男の子が、嬉しそうにお菓子売り場でチョコレートを選んでいました。

目当てのチョコがあったのでしょう。チョコをパッと取り、すかさず近くにいたお母さんに差出し

子「お母さん、これは?」
母「ん~、却下!」
子「了解!

サッと元の棚に戻しに行く男の子。
なかなかの親子関係です。

オジサンのこだわりの話

ハローワークの職業紹介コーナーで見かけた50歳代のオジサンの話です。

50歳になっての就職は困難を極めます。
給料はOO万以上で、土日休みで、残業が少なくて、、、、なんて贅沢な事は言ってられません。
自分のこだわりを捨てて探さないと見つからないのです。

しかし、そのオジサンにとって、譲れないこだわりがあったようで、
ハローワークの人とある事で揉めていました。

オジサン「あんた!今、ワシがたこ焼き屋の面接お願いした時笑ったやろ!」
ハロワ 「そんな事ないですよ。そんな失礼な事はしません」
オジサン「いいや!笑っとった!もうええ!ここは受けるの辞める!こっちにするわ」
ハロワ 「こちらのたい焼き屋でよろしいですね?」
オジサン「あんたまた笑ったやろ!」

オジサンはただ「焼きたい」。それだけがこだわりなのです、、、、。

森元首相とオバマ大統領が会談

なかなかの天然キャラである森元首相。
先日、アメリカ大統領であるオバマさんとの会談がありました。

コーヒーでも飲んで和まそうと、森さんがオバマ大統領に聞きました

森「Are You black?
オバマ「、、、Ye、、、Yes、、、」



スポンサードリンク


コメントを残す