彼女欲しい!女性から話しやすい人と思われる心理テクニック


女性との会話がウマくできないという人必見の情報です。

smile-122705_640



スポンサードリンク

会話をリードしないといけないと思って色々と話すんだけど、
イマイチ会話が盛り上がらない

恋愛本にも載っているみたいに、「女性に話してもらう」ようにしてるんだけど、
なかなか会話が続かない。

そんな悩みを持っている男性は結構います。

 どうしたら、女性と上手く会話できるのか?
 女性と長く会話できるのか?

とっても、簡単な方法でそれを実現する事ができる心理テクニックをご紹介します!
以前の記事『女性が悩み事を相談しやすい男性の特徴とは?』も合わせてご覧ください。



スポンサードリンク

女性の会話の基本形を知る

まず、心理テクニックをお伝えする前に、
なぜその心理テクニックが有効なのかをお伝えします。

そもそも、男性の会話と女性の会話は正反対ぐらい違います
色々な恋愛本を読んだ人ならご存知かと思いますが、女性の会話は共感するためにあります。

話の内容なんてどうでもいいんです。
 自分の気持ちと相手の気持ちが共感できるか?そこが重要です。

A女「このあいだディズニーランド行ったんだけどね」
B女「え~、良いな~、誰と行ったの?」
A女「彼氏と行った。でもさ~そこで酷くてさ~」
B女「そういえば、C子も彼氏とディズニーランド行ったっんだって」
A女「へ~そうなんだ。それでさ~彼氏が、財布忘れちゃって、全部私出したの!」
B女「え~あり得ない~」
B女「私も前に彼氏にさ~、、、、」

分かります?この何とも言えない会話
A女の話の途中でC女がディズニーランドに行った話は出るわ、B女の自分の彼氏の話は出るわ、男性が聞くと、話があっちこっち行って、何がなんだか分からない状況になっています。

でも、これで良いんです。
B女はA女の話に興味を示し、きちんと共感しています。
これがあるので、少々話が飛んでもA女は満足しています。

この共感の言葉をどれだけ入れるかがポイントです。

女性に話しやすい人と思わせるテクニック!

女性に共感しているよ!と伝えるために、いろんな共感フレーズがありますが、
一番基本的なテクニックは 「オウム返し」です。

女性が感情を話し始めたら、その感情と同じ言葉を使って返します。
「楽しかったの!」⇒「楽しかったんだね」
「美味しかったの!」⇒「美味しかったんだね」
「嬉しかったの!」⇒「嬉しかったんだね」
こんな感じです。

もう一つのテクニックは、女性が話し終わるまでに共感の言葉を伝えるという点です。
男性同士なら、最後まで相手が言い終わるのを待ってからでないと、話してはいけないと思いますが、女性同士はそうではありません。

相手が「あのね、この前ね、、、」と話し出したら「うんうん、それでそれで」とセリフを挟み込みます。こうする事で、女性に「その話に関心あります」という感情を伝えるのです。

女性が最後まで話してから、反応しようとすると「興味ないんだろうな」と思われてしまいます。テンポをちょっと早めにする事を心がけてください。

あとは、これまで蓄積してきた会話ネタを元に、女性の感情を引き出せば良いだけです。
さらに、詳しく知りたいという人はこちらの記事も合わせて読んでみてください



スポンサードリンク


コメントを残す