彼氏とうまくいく5つの方法


couple-692708_640



スポンサードリンク

今の彼氏と上手くやっていきたい!
これまで付き合った男性とは違って、優しいし、話が合うし、一緒にいて楽しい!
できれば、このままずっと一緒にやっていきたい、、、。

だけど、最近はちょっと倦怠期のような感じがする。
彼氏の言った事にムッとしたり、逆に私が言った事にムッとしていそうだったり、
ケンカとまではいかないけど、どうもしっくりこない、、、。

このような悩みは『男女の違い』を知ることで解消する事ができます
彼氏がどういう性質を持っているのかを知れば、彼氏の行動や言動がスッキリ分かるようになるでしょう。

彼氏と上手くいく方法を5つご紹介します。
以前の記事『彼氏と上手く付き合う方法!3つのポイントを抑えれば操れる!』も合わせてご覧ください。



スポンサードリンク

 彼氏にアドバイスしない

 男性は人からアドバイスされるのが嫌いです。
仕事上でアドバイスされるのは平気でも、友達とか彼女からのアドバイスはムッとします。

男性社会はピラミッド型の人間関係を作っていて、どの階層にいるか気にします。
その階層は年収であったり、地位であったり、職業であったり、様々です。
とにかく、自分と同列または下に層の人からアドバイスを受ける事を嫌います

なぜ俺より下のやつのアドバイスを受け入れないといけないのか?

彼女を自分と同等に見ている人は珍しく、 多くの男性は彼女を自分よりも下に見ています。だから、彼女からアドバイスされると、素直に受け入れる事ができずに反発します。

『そのぐらい分かってるよ』と、、、。

道に迷った時、仕事の事で悩んでいる時、人付き合いで悩んでいる時、、、
あなたが彼氏の問題に対する答えを持っていても、その答えを伝えてはいけません。

彼氏は反発するだけです。

 彼氏の能力を褒める

男性は 『自分にできない事はない』と思っています
俺なら総理大臣になれる!と思っている平社員もいるでしょう。

自分の能力が誰かの役に立って、相手から感謝されることにとても喜びを感じます。それが彼女だったら最高です。なので、彼氏の能力を褒めてあげてください。

特に褒められて嬉しい点は
 数字に強い
 考え方が論理的
 力が強い
 知識が豊富
 仕事ができる
 経済力がある

です。
より効果的にするには 『すごい!』を付け加える事です。
例えば彼氏がドライブ好きだったら『すごい!運転上手だね~』と言ってあげるだけで、有頂天になります。

 彼氏が悩んでいる時は慰めない

男性は自分の能力で何でもできると思っています。
なので、 何か悩み事があっても、自分の力で解決できると思っています

悩みがあったら誰かに相談するのではなく、黙り込んで自分で考えます。
女性からみたら、とても非効率なやり方ですが、これが男性です。

そんな時に、彼女から『大丈夫?何かあったの?』と話しかけられても『何でもないよ』と言うだけです。

彼女に俺の悩みが解決できるもんか

と思っているんですね。
だから『今日仕事でちょっとマズいことがあってね』と言ってきても『大変だったね~』と慰めてはいけません。

『俺の何が分かるってるんだ?何も分かってないくせに』
と反発するだけです。

 彼氏に悩みを相談する

彼氏はあなたに『やってあげたい』と思っています。
 美味しいレストランに連れて行ってあげたい
 ディズニーランドに連れて行ってあげたい
 誕生日にサプライズして喜ばしてあげたい

自分の力で相手が喜んでくれるのが、何よりの喜びなんですね。
その中の一つに 『彼女の悩みを解決してあげたい』という願望があります。

例えば、彼女から仕事の悩みを相談されたら『俺は仕事ができると思われてる』と思って嬉しくなります。その悩みを解決できる方法を一生懸命考えて、あなたに伝えるでしょう。

あなたは、ただ話を聞いてほしいだけだったのに、ちょっと迷惑ですが、グッとこらえて喜んであげてください。『ありがとう、助かったよ』と言ってあげれば有頂天になります

 彼氏に媚びない

男性は
 常に追いかけたい生き物です。
 愛されるより愛したいと思っています。

彼女に対しても同じ気持ちを持っていて、彼女から愛されるのも嬉しく思うのですが、あまりに度が過ぎると引いてしまいます。

尽くす女がモテない理由を前回の記事でご紹介しましたが、彼氏の気を引こうとして連絡を頻繁に取ろうとしたり、頻繁に何かをしてあげると、あなたへの興味が急になくなり、どうでもいい女になってしまうか、母親のような存在になってしまい、愛情がなくなってしまいます。

それが、浮気に繋がったり、倦怠感に繋がったりするので、やり過ぎはNGです。

彼氏と適度に距離を取りつつ、対等な関係をキープするように心がけてください。



スポンサードリンク


コメントを残す