睡眠不足だと痩せない3つの理由


9db0b3ca6fb131e3dd221536d98698aa_s



スポンサードリンク

痩せたいと思って、ダイエットに励んでるあなた。

 食事を抜いたり
 苦手な運動を頑張ったり

苦しい思いをしているのに、なぜか痩せない!

そんな事はありませんか?

もしかしたら、痩せる事ができないのは睡眠不足が原因かもしれません、、、。

睡眠とダイエットとどう関係するのか?
睡眠不足だと痩せない理由をご紹介します。



スポンサードリンク

 睡眠不足だとカロリー消費量が減る!?

アメリカの研究報告によると、夜間に働く人は昼間に働く人に比べてカロリー消費量が減るそうです。それは『夜は寝る時間、昼は活動する時間』という慨日周期が身体に備わっていて、 夜はカロリーを消費するのではなく、貯めようとするからです。

慨日リズムが狂うとエネルギー消費が減るって事です。

睡眠不足だと、エネルギー消費モードに入る日中の活動量が減りますよね。
夜頑張って起きてるのに、エネルギー蓄積モードだからあまりエネルギーを消費されない。

結果的に太りやすくなるんですね。

 睡眠不足だと油っこい物を食べたくなる!?

アメリカで、睡眠不足を感じている人の食生活を調査したところ、通常の人よりも脂肪の摂取量が多かったそうです。なぜ、 睡眠不足だと脂肪の摂取量が増えるのか解明されていませんが、経験上納得できる結果だと思います。

夜起きていると、無性に油っこい料理を食べたくなりませんか?

『ご飯、味噌汁、焼きジャケ』という健康に良さそうな和食ではなく
『ピザ、ハンバーグ、ポテトチップス』など、いかにもカロリー高そうなものを食べたいと思ってしまいます。

 たぶんストレスが原因だと思います。
睡眠不足だと、イライラして、ついドカ食いしてしまいます。
ドカ食いするのに、健康的な和食を食べたいとは思いませんよね。

 睡眠不足だと糖代謝が悪くなる

ちょっと専門的な話になりますが、私たちの血液には糖が入っています。
それを細胞に届けて、エネルギーを作り出してるんですね。

その細胞に届ける役割をになっているのが、インスリンというものです。
この インスリンの働きが悪い状態と肥満とが関係しています。

インスリンの働きが悪いから太るのか、太っているからインスリンの働きが悪くなるのかは定かではありませんが、糖代謝が悪いと、太りやすくなると考えていいでしょう。

せっかく頑張ってダイエットしてるのに、睡眠不足だと効率が悪くなってるんですね。そうならない為にも、しっかり睡眠をとって、効率の良いダイエットをしたいですね。



スポンサードリンク


コメントを残す