素直になれない男の心理とは?


people-314481_640



スポンサードリンク

 ちょっと手伝ってくれない?
 ちょっと教えてくれない?
 ごめん、俺が悪かった。

男性はこの一言がなかなか出てきません。
そして、失敗して後悔するんですよね。

「失敗して後悔するぐらいなら、聞けば良いのに!バカじゃないの?」
と思うかも知れませんが、これが男性です。

でも、この素直になれない気持ちは、悪い面ばかりでもありません。

なぜ男性は素直になれないのか?
素直になれない事で損する事、得することは?

男性の素直になれない心理についてご紹介します!!
以前の記事『素直になれない男をうまく操る3ステップ!』も合わせてご覧ください。



スポンサードリンク

男性はなぜ素直になれないの?

頭では「ここで教えてもらったらスグに解決する」「ここで謝った方が良い」
と分かっているんです。

でも不思議なもので、なぜか言葉が出てこないんですよね~。
自分でも分かってるんです、「あ~失敗した」って。
でも、出てこない!!

なぜ頭では分かっているのに、言葉に出せないのか?
その原因は男性の競争心にあります。

 他人に負けてはいけない
 強い男でなければいけない
 男は弱音を吐いてはいけない

そんな奥深くにある心理が「助け欲しい」「ごめん」と言う言葉を阻んでいるんです。
男性にとって会話は戦いであり、勝つか負けるかしかありません。

男性は「助けて欲しい」「ごめん」=戦いに負けた敗北者と思います
その意識があるから謝る事ができないんですね。

女性にとっては、謝る=相手を気づかうという意識があると思うので、
この感情は簡単には理解できないと思いますが、
謝る、助けを求める=人生に負ける
このぐらい男性にとっては大きい事だと思ってやってください。

素直になれない事による悪影響

素直になれない男性は、自分にも他人にも悪影響を与えてしまいます。

1⃣時間とお金を損する
・道を聞けずに目的地に着くまでに時間が掛かる
・他人の意見を受け入れられずに、時間も労力も掛けて、しかも失敗する
・謝る事ができなくて、人間関係が悪くなり、仕事がうまくいかない

2⃣他人の時間とお金を損させる
・道を聞けずに、一緒にいる彼女や友人の時間を奪っている
・意見を受け入れないから仕事の作業効率が悪くなり、同僚の時間を奪う
・謝る事ができなくて、相手を不快にさせる

3⃣うつになる
何かトラブルがあっても自分で解決しようと思い他人に助けを求める事ができません。解決できる事なら良いのですが、時には自分では解決できない事もあるんですよね。誰にも助けを求める事もできず、謝る事もできず、弱音を吐くこともできない。そして、ストレスが増えすぎて鬱になってしまうんです。

4⃣成長しない
他人の意見が受け入れられ無い人は、成長も遅くなります。
「俺は何でも知っている」という態度の人に情報は入ってきません。
他人からのアドバイスを受け入れない人に、誰もアドバイスしません。
そして、気づけば自分だけが孤立し、置いてけぼりになってしまうのです。

周りからすれば「ちょっと教えてく欲しい」と言った所で、
できない人とは思わないのに、いざ自分の事となると
「謝る、助けを求める、感情を出す」事=負け者
という意識が働くんですよね。

ホントに不思議な現象です。

しかし、一方で強がることで良い影響もあります。
次に良い影響についてご紹介します。

素直になれない事による良い影響

最近の男性は
 ナヨナヨしていて頼りない
 決断できずに、自分の意見が無い
 ガツガツしていなくて、男っぽい魅力がない
と言われます。

そんな中で、素直になれない男性の良い面をご紹介します。

1⃣我慢強い、忍耐力がある
・たとえ苦しい事、辛いことがあっても弱みを見せずに耐えます。
・ちょっとの事で弱音を吐いたり、放りだす事が大嫌いなので、仕事も頑張ります。
・彼女との付き合いでも、簡単に投げ出す事はしません
・自分の中でストレスと向き合う事で、ストレス耐性がつきます。

2⃣決断能力が高い
・自分で決めたいという気持ちが強いので決断能力が高まります。
・失敗する事も多いのですが、グジグジ後悔しません。

3⃣良い方向に進めば成功する
社長になる人は、忍耐力のある人+決断能力の高い人+能力が高い人です。なので素直になれない人は、うまくいけば社長になれるタイプといえます。ただし能力が低ければただの使えない人なので、見極めが必要です。

4⃣男性としての魅力がある
何よりも、素直になれない人は男っぽい人が多いです。
最近の男子はナヨナヨしていてイヤだ!と言う人は、素直になれない男性がオススメです。
少しだけ操り方を学べば、逆にナヨナヨ男子よりも扱いやすいのですよ^^。



スポンサードリンク


コメントを残す