自分を責める気持ちから抜け出す方法とは!?


15006c5dc132ef13500c614ba09a9584_s



スポンサードリンク

仕事で失敗したり、上手くいかない事が続くと、
『なんて自分はダメな人間なんだ』と思って、落ち込んでしまいますよね。

落ち込んでも仕方がないと分かっていても、気持ちは上手くコントロールできません。自分を責めてしまうと余計に落ち込んでしまいます。自分を責める気持ちから抜け出す方法を知ることで、失敗にめげないタフなメンタルを持つことができます。

自分を責める気持ちから抜け出す方法をご紹介します!



スポンサードリンク

 失敗を責めて、自分を責めない

失敗して自分を責めてしまうのは、失敗した事と失敗した自分を混同して、『失敗した自分はダメな人間』と思ってしまうからです。

そこで、 『失敗した事』と『自分』を分けて考えてみてはいかがでしょうか?

失敗した事について意識を向けて、なぜ失敗したのか、失敗しない為にはどうすれば良いか、と反省すれば、失敗は自分を成長させてくれる貴重な経験になります。

失敗した自分を責めても何の進展もないし、自分の成長にもつながりません。『失敗した事』に意識を向ける事が自分の為になるのです。

 自分を過大評価しない

なぜこんな簡単な事も出来ないんだろう、なぜ同じミスを繰り返すのだろう、と 自分を責める背景には、『自分はもっとできるはずなのに』と自分に期待する心理があります

一番自分に期待しているのは自分なんですね。だから、できない自分に失望してしまい、自分を責めてしまうのです。

 簡単なミスをするのも、同じ失敗を繰り返すのも今の自分の実力です。自分を過大評価せず、過小評価もせず、『これが今の自分なんだ』と自分の能力を受け入れてみてはいかがでしょうか?心が軽くなるのが実感できると思います。

 生きているだけで100点満点

私たちは生きているだけで100点満点です。だけど生活しているとお金が欲しいとか、仕事をバリバリしてカッコよくみられたいなど、色々な欲が出てきます。

その欲を満たせていないと自分の点数を40点とか50点に下げてしまいます。人間の欲は尽きる事がないので、欲に支配されていると、いつまでたっても100点には届かず、いつも不満が自分の中に居続ける状態になるんですね。

失敗したらマイナス20点、恋人に振られたらマイナス70点、、、、これでは0点になってしまいます。 生きている自分を100点と思ってください。あとはプラスになるだけです。仕事で失敗した自分は80点ではなく、120点とか150点にならないだけと思いましょう。



スポンサードリンク


コメントを残す