話を聞いてくれない旦那を話に引き込む方法とは!?


話を聞いてくれない旦那

a0002_007009



スポンサードリンク

多くの女性が同じ悩みを抱えていて、
旦那への不満アンケートでは「家事をしない」と同じく、
常にランクインする悩みです。

楽しい会話のはずなのに、なぜ旦那は話をきちんと聞いてくれないのか?
どうしたら、きちんと聞くようになるのか?

これって、実はかなり難しい問題なんですよね



スポンサードリンク

話を聞いてくれないと思う妻、話を聞いていると思う夫

話をきいてくれないと思っているあなたに対して、旦那は
「俺は話をきちんと聞いている」
と思っています。

例えばこんな会話

妻「ねぇ、ゴールデンウィークの旅行どこに行こうか?」
夫「そうだね~」(テレビを見ながら)
妻「沖縄とかどう?美ら海水族館とか行きたいし」
夫「良いんじゃない」(テレビを見ながら)
妻「北海道も良いな~。でもまだちょっと寒いかも、ねぇ」
夫「そうだね~」(テレビを見ながら)
妻「ちょっと、話聞いてるの?」
夫「え?聞いてるよ、何言ってんだよ」
妻「ウソ、ぜんぜん聞いてないじゃないの!」
夫「聞いてるよ!沖縄か北海道でしょ?沖縄は美ら海水族館で、北海道は寒いかどうかが問題だと」
妻「そういうことじゃないのよ!」

妻は旅行に行く事が楽しみで旦那に話をするのですが、旦那はあまり旅行に関心がないのか、話に乗る事ができない様子。テレビを見ながら返事をするという態度にまで出てしまってます。そんな態度に妻はついに「話を聞いてるの!?」と詰め寄ります。

関心は無いけど、話を聞いていないわけではない」と主張したい旦那は、「聞いてるよ!」と反論し、聞いた内容を要約しますが、「そういう事じゃない!」とさらに妻が苛立ち、聞いている、聞いていない、という言い合いが果てしなく続いていく、、、。

こんな会話よくありますよね。

なぜ、こういう事が起こるのか?それは男女の会話の違いにありました。

脳で話す男と、心で話す女

男性にとって「話を聞く」事は、自分が話すより簡単だと思っています。女性からすれば「話を聞けてないのに、よく言うよ!」と思われますが、これは男女の会話の持つ意味に重要なポイントがあります。

女は共感する為の会話、男は情報収集の為の会話
女性は「どこに旅行に行くか?」という話題を材料にして、夫と共感したいと思っているのに対して、夫は旅行に行く場所の答えを見つけるための会話だと思っています。

沖縄と北海道が候補としてあって、沖縄旅行の目的は美ら海水族館、北海道旅行は寒さがネック、という情報を脳にインプットしました。これで男性からすれば「話を聞いた」事になります。だって、完全に妻からの情報をインプットできてるんですから。もうちょっと妻からの情報を待って、ちゃちゃっとどちらにするか決めれば問題解決です。

これが、男女の決定的な違いです。
会話を情報収集と考えている男性に対して「共感して欲しい」と思っても、関心のない事に共感するのは性格を変えるぐらい難しい事なので、無理です。

では、どうしたら旦那は話に乘ってくるか?
それは、ちょっとした投げかけで叶える事ができます

旦那が思わず興味を持つ会話の方法とは!?

男性の会話は情報収集をしています。それは問題解決の為の材料として捉えているからです。

【男性の会話】
目的=問題解決
手段=会話

旦那を話に乘ってこさせるには、
 旦那に問題解決をさせれば良いのです。

例えば、前出の旅行の話について、旦那を話に引き込むには、
「沖縄旅行と北海道旅行はどっちが人気か?」
「沖縄旅行の北海道旅行の最安値プランは?」
「人気の宿やスポットはどこか?」
「沖縄と北海道以外に、人気の旅行先はどこか?」

これらを 旦那に調べてもらうように投げかけます

すると男性の中で、単なる旅行の話だったのが、沖縄と北海道のどちらに旅行に行く方が正解か?という問題に変化します。旦那も、会社などで誰かに話すための情報として持っておきたいと思うので、興味を持ちます。

ただし、これをストレートに伝えると「面倒くせぇ~」となるので、
伝え方がポイントです。

お願いモードで伝える
男性は女性からお願いされると、「自分の力が必要とされている」と思い、また男性は人に何かを教えたがる生き物なので、俄然やる気が出てきます。実に単純な心理ですが、妻が旅行の会話に自分を引き込みたいんだろうな~と、妻の本心を分かっていても、頼まれると断れないのが男性です。

例えば
「沖縄のホテルで人気のとこってどこなんだろうね?人気の所、探してくれない?お願い!」
「沖縄旅行と北海道旅行、どっちの方が得なんだろうね?お願い、調べてくれない?」
という感じで伝えましょう。

その場でパソコンで一緒に探すのも良いですし、後で探してもらっておいて、後日の会話の時に話すのも良いと思います。いずれにしても、旅行の話について旦那は積極的に参加するようになります。

一度調べると、旦那も知らなかったことが分かってきて、やがてのめり込んでいくでしょう。
「ゴールデンウィークの北海道って、すげぇ気持ちよさそうだよ!」
「沖縄だったら、ブセナテラスって所が人気みたいだけど、ちょっと高そうだね」

ホントに単純ですね。



スポンサードリンク


コメントを残す