話下手だけど人に好かれる3つの方法


654c09ce660bb581bd621fe0b76c0f89_s



スポンサードリンク

話下手だと、人付き合いが億劫になりますよね。

 何を話したらいいか分からない
 場を盛り上げる事ができない
 自分と話しても楽しくないだろう

不安、苛立ち、諦めなど、色んなマイナスの感情が入りまじって、モヤモヤした気持ちになっていると思います。

口下手だから人に好かれる

話し上手な人は、誰からも好かれてるようなイメージがありますが、意外にそんな事はありません。話し上手な人は、つい自分の事ばかり話してしまう傾向があって、聞いている方は『またコイツの話ばっかりだな』と煙たがっているケースがたくさんあります。あなたも思った事があると思います。

 『話し上手、話下手』と『人に好かれる、嫌われる』は別です。話下手の方が相手の話を聞いてあげられるので、逆に好かれる可能性が高くなります。

話下手だけど人に好かれる3つの方法をご紹介します!



スポンサードリンク

話下手だけど人に好かれる方法 『役に立つ情報を伝える』

話し方は上手いけど、意味のない会話をグダグダする人は飽きられます。子どもの頃は気が合うかどうかだけで、友達関係は成り立っていましたが、大人になるとそれだけでは不十分で、他人よりも秀でたものが持っている必要があります。

『市役所の職員』と『アートディレクター』話したいのはどっち?

市役所の裏話とか面白そうですが、やっぱりアートディレクターの話を聞きたいと思いませんか?アートディレクターという職業についている人とは滅多に知り合う事ができないので、

 何をする仕事なのか?
 高い美術品っていくらするのか?
 どうやってその仕事に付いたのか?

色々と話を聞きたいと思ってしまいます。
口下手であっても、人が知らない情報を持っていたり、刺激的な仕事をしていたり、人が経験しないような事をしていると、かなり人気者になります

大人になると段々と刺激が少なくなるので、年齢が高くなるほど『自分にはないものを持っている人』に好意を持つんですね。

話下手だけど人に好かれる方法 『相槌が絶妙にウマい』

人が話をするのは、
 自分の話を聞いてほしい
 誰かと気持ちを共有したい
 何かの情報を得たい
 悩み事を解決したい

という欲求があるからです。

特に女性が話をする時は『話を聞いてほしい』『気持ちを共有したい』という欲求が強いので、相槌が大切になってきます。

女性同士の話を聞いていると『それわかる~』とか『それはツラいよね』など気持ちのこもった相槌を打っている人がいますが、こういう相槌を絶妙なタイミングで打てる人が女性の間では好かれます。

絶妙な相槌は『あなたの話に興味があるし、あなたの気持ちが分かるよ』と伝える事ができるので、口下手であっても相槌な相槌をうつことで人に好かれるようになります。

相手の気持ちに寄り添う

絶妙な相槌といっても特別なテクニックは必要ではありません。話している人はどんな気持ちか?何を伝えたいと思っているのか?と考えて、 相手の気持ちを言葉に出してあげるだけでOKです。

例えば、楽しそうな表情で『この前沖縄旅行に行ってきてね』と言ったら、心では『沖縄旅行で楽しかった気持ちを共有したい』と思っている事が分かります。

なので、相槌は『楽しかっただろうね』です。相手の楽しい気持ちをイメージして、楽しい気持ちを言葉に出してあげます。すると『私の気持ちを分かってくれた』と嬉しくなって、どんどん話すでしょう。

話下手だけど人に好かれる方法 『行動で好意を伝える』

人は自分に好意を持ってくれる人に好意を持ちます。心理学用語で好意の返報性といいます。話上手だと、会話で好意を伝える事ができますが、話下手だとなかなかうまく伝える事ができませんよね。そんな時は行動で好意を伝えましょう

行動は言葉より雄弁に語る

古いことわざにもあるように、 行動は相手の心にグサッと突き刺さります

例えば、相手が『ご当地のキーホルダーを集めるのが好き』と言ったのを覚えていて、旅行の際にご当地のキーホルダーを買って渡すだけで、話を覚えてくれてたこと、旅先で自分の事を思ってくれた事に感激して、あなたを好きになるでしょう。

その他にも、たまに手土産を持っていってあげるとか、相手の興味のある分野の情報を教えてあげるなど、相手が喜ぶ事をしてあげると、相手の好意になって返ってくるでしょう。



スポンサードリンク


コメントを残す