頭が良いと思わせる5つのテクニック


0945198cc5a3d249b21c3fff0b0b7c5d_s



スポンサードリンク

頭が良い人に見せると何かと得です

 女性にモテる
 他人から一目置かれやすい
 失敗を大目に見てくれる

頭が良い人と思わせるために、『肩書』とか『出身大学』などを伝える手もありますが、『自分は頭が良いんだ』と露骨に言ってるようで、ちょっと気が引けますよね。普段の行動や言動で『頭が良い』と思わせる方法がオススメです。

ちょっとした事で頭が良いと思わせる事ができる

例えば、みんながAと言っている事について『OOだからBだよ』と理由を述べて違う事を言うだけで、頭が良いと思われる事もあります。頭が良いと思わせるテクニックを5つご紹介します!



スポンサードリンク

みんなと違う意見を言う

まず 頭が良い人は『人と違う視点を持っている』というイメージがあります。

例えば『部下のミスの責任を取ろうとする上司は良い上司だ』と皆が思っている中で、『それだと仕事に甘えが出て、長期的に考えると部下が成長しないのでは?』と違う意見を言うと、『自分の意見を持っている人』という印象を与える事ができ、頭が良さそうに見えます。

みんなと違う事を言う為に、 何についても逆を言おうと心がけると良いと思います。特に、ほとんどの人が信じている事について逆の事を言うと効果的です。

だけど、自分の頭で考えるのは難しいと思うので、 ネットの知恵袋や個人ブログの意見をパクるのがオススメの方法です。例えば『ブラック企業 メリット』と打てば、簡単にブラック企業の良い所を知ることができます。

得意分野を一つ持つ

オールマイティーに知識を身に付けるのが理想ですが、それだと時間が掛かってしまいます。何か一つ得意分野を持っているだけで、頭が良いと思わせる事ができます。

例えば靴に詳しい、美味しいレストランに詳しい、家電に詳しい、など色々な分野があるので、 自分の興味のある分野のマニアになると良いでしょう。

特に旅行、レストラン、料理、家電、など日常生活で触れる機会の多いジャンルがオススメです。

芸術とクラシックの知識は効果絶大

みんなに『頭が良い』と思わせるジャンルが『芸術』と『クラシック』です。『OOの美術展に行ってきた』というだけで『かしこいんだ~』と思われるから不思議です。

芸術やクラシックは知的な印象が強く、憧れるけど敷居が高くて、何となく踏み込めない分野というイメージがあります。

ピカソとかゴッホなど有名な画家の作品は見た事があるけど、ピカソやゴッホがどういう人物だったのか?その絵の背景やその絵に込められた思いは何か?は知りません

クラシックも『聞いたこと曲だけど、誰が作曲したんだっけ?』という感じです。そんな時に『ゴッホの人生は挫折の繰り返しで、、、』と裏話を言うと『頭が良いんだ』と思うのです。

ネットで調べれば、すぐにその絵の背景とかその人物の事が分かるので、美術展に行く前にその作家の背景を調べておくと良いでしょう。

知的に見えるポーズ

頭が良い人は独特のポーズをします。特に何かを考えている時に取るポーズが特徴的で、

 あごに手を当てる
 じっと目をつぶる
 指をひたすら鳴らす

など、その人の決まったポーズがあります。考えている以外にも、知的に見えるオススメのポーズは 『眼鏡を上げるしぐさ』です。

眼鏡をかけているだけで頭が良く見えるので得ですよね。伊達眼鏡をかけ、鼻からずれる所を人差し指でサッとあげるしぐさをすると頭が良く見えます。

あと、頭が良いと思われている芸能人や著名人の仕草を真似るというのも有りです。みんなのイメージにその人の仕草が刷り込まれているので、同じポーズを取ると無意識に『頭が良い』と思ってもらう事ができます。

早口で話す

 頭の回転が速い人は頭が良いというイメージがあります。頭の回転の速さは話すスピードになって表れるので、早口で話す事で、頭の回転が速い=頭が良いと思われます。

 相手の話すスピードよりも少し早く話す事で、相手に対して『この人は頭が良い』と思わせる事ができます。相手よりも話すスピードが早すぎると、話す事が苦痛になるので注意しましょう。ちょっとだけ早く話すのが好印象を保ちつつ頭が良いと思わせる秘訣です。



スポンサードリンク


コメントを残す