頼りがいのある男に見せる5つの方法


2140098941_ccd83bafec



スポンサードリンク

草食系男子が増えている中で、頼りがいのある男に見せるとモテます!
肉食系女子が増えているとはいえ、女性は基本的に『男性に守って欲しい』と思っているので、何かあった時に守ってくれる、頼りがいのある男に惹かれます。

頼りがいのある男なるためにはどうすれば良いか?

頼りがいのある男といっても、相手の女性の知識や経験によっても変わるし、求められる頼りがい度合も違っています。本当の頼りがいのある男になろうと思ったら、豊富な知識とか深い経験が必要になってきます。そんな事言ってたら女性にモテるまでにオッチャンぐらいの年齢になってしまいます。

頼りがいのある男に見せて、中身は後で身に付ける

 まずは『頼りがいのある男』と自分で思う、セルフイメージが大切です。そして頼りがいのある男を演出する事で、徐々に中身も頼りがいのある男になっていけば良いと思います。頼りがいのある男に見せるための5つの方法をご紹介します!



スポンサードリンク

頼りがいのある男に惹かれる女性とは!?

女性は基本的に頼りがいのある男が好きですが、女性の中でも特に惹かれやすいタイプがあるので、そのタイプにアピールするといっそう効果が期待できます。

1⃣自分に自信が無い
将来のやりたい事が決まっていない、一人で行動するのが苦手、見た目を過度に気にしている、こういう人は自分に自信がなく『誰かに頼りたい』と思っていて、頼りがいのある男に惹かれやすい傾向があります。

2⃣がんばり屋
キャリアウーマン志向の女性は、普段から気を張っていて『男に負けたくない』と思っていますが、たまには失敗して落ち込んだり、ホッとしたいと思う事があって、そんな時に支えてくれる男性をどこかで求める傾向があります。

3⃣父親が大好き
何かにつけて『私の父親はスゴイ人』という話になる、『父親大好き女性』がいますが、そういう女性の父親は、仕事ができて、普段から優しくて、何かあった時に助けてくれる、頼りがいのある男の可能性が高いでしょう。ちょっとハードルは高くなりますが、父親と同じような行動を取ると心にグサッと刺さる事があります。

頼りがいのある男に見せる方法 『良い人に見せる』

頼りがいのある男は『良い人』である事が前提です。

 相手の幸せの心から願って、行動する
 誰に対しても分け隔てなく接する
 自分の欠点を隠さない
 人の悪口を言わず、良い所を褒める

こういう行動を相手の女性に見せる事で『人が良いんだろうな』と思わせる事ができます。

頼りがいのある男に見せる方法 『いつも笑顔でいる』

頼りがいのある男は、いつも笑顔でいなければいけません。『悲しい』『寂しい』『怒り』『不安』の感情出さずに、『楽しい』『嬉しい』の感情を積極的に出していると、『心の強い人』と思わせる事ができるでしょう。

仕事でピンチになった時も、慌てず、オドオドせず、笑顔で『いや~参ったな~』と言いましょう。初めは笑顔もぎこちなくっていると思いますが、不思議なもので、何回も続けていると気持ちもオドオドしなくなってきます。

頼りがいのある男に見せる方法 『サポートする』

頼りがいのある男に見せる最大のポイントです。相手の女性が仕事で失敗した時に助けたり、悩みの相談にのったり、相手の 女性のボディーガードになったつもりで接しましょう。

注意点は『サポートを強要しない事』です。会うたびに『何か悩み事ない?』とか『何か困ったことない?』と言っている人がいますが、大きなお節介野郎として嫌われます。相手の女性をよ~く観察して、困っていそうな時にさりげなくサポートするのが理想です。

頼りがいのある男に見せる方法 『相手が知らない教養を身に付ける』

知識が豊富な男性も頼りがいのある男に思われます。昔は肉体的な力がある男性が求められましたが、今は情報の時代なので、どれだけ情報を持っているか、他人が知らない知識をどれだけ持っているかが重視されます。

特に相手の女性が知らない分野の知識を披露すると『この人は色んな事を知ってるんだな』と思って、頼りがいのある男に思わせる事ができます。

しかし、これも披露のやり過ぎはNGです。会うたびに知識を披露する人がいますが、ウザい男として嫌われます。会話の途中で、ほんの少しだけ披露するのがいいとおもいます。

頼りがいのある男に見せる方法 『ごく稀に叱る』

優しいだけの父親は子どもに舐められますが、叱るべき時にきちんと叱ると、頼りにされて、尊敬される父親になります。

これと同じように、普段は優しい所を見せておいて、女性をサポートして、何でも言う事を聞いてくれそうな雰囲気を作っておき、あまりにもワガママな行動や、マナーに反した行動を取った時に、叱ってあげると『信頼できる男』になります

決して怒鳴らず、落ち着いた表情で、相手を諭すように叱るのが理想です。ただし自分が勘違いしていたり、相手に言い分があって、言い返される場合もあるので、叱る行動は慎重に見定めましょう。



スポンサードリンク


コメントを残す