頼りない男の特徴5つ


man-742766_640



スポンサードリンク

最近は頼りない男が増えた

と思っている女性は多いのではないでしょうか?
女性の活躍できる場所が増えて、社会が『あれ?女性の方が男性より能力高いんじゃない?』と気づき出しています。これからは、さらに性の壁が無くなっていくので、能力のない男性が活躍できる場所は無くなっていくと思います。

女性が『頼りない男』と思うのは、自分よりも能力が劣っていると感じた時ではないでしょうか?また、男らしさが無い人を『頼りない男』と感じるかもしれません。

『頼りない男』には、どういう特徴があるのか?
それを5つご紹介します!



スポンサードリンク

 自分で判断しない

女性が『頼りがいがある男』と思うは、 自分ができない事、苦手な事ができる人です。

女性のできない事、苦手な事としてよく言われるのが 『判断する、決断する』事です。女性はリスクを取る事が苦手で、他人との対立を避けたいと思う傾向があります。自分で判断すると、『なんであなたが決めるのよ!』と思われる可能性があり、失敗すると責任を取らなければいけないリスクもあるので、リスクを回避するために自分で判断しようとしません。

逆に男性はリスクを回避するのではなく、リスクを取りたいと思う傾向があります。ギャンブルにはまる男性が多いのはそのためです。成功しても失敗しても、それは自分で判断して、決断した結果なので受け入れようとします。失敗ばかりで成果を出せない場合は『能力のない男』と思われますが、 自分で判断する、決断する事に『男らしさ』を感じるんですね。

頼りない男は、自分で判断したり決断する事が苦手で、誰かに決めて欲しいと思います。彼女とのデート場所やレストラン選び、メニュー選びまで! 彼女が決めた事に従おうとします

 判断力や決断力は失敗を重ねる事で身についていくものですが、失敗を恐れてしまうので、判断力も決断力も身に付きません。女性はそういう姿勢に『この人は生き延びる事ができない人』と本能的に感じて、頼りないとを感じるのです。

 すぐに諦める

仕事でもプライベートでも、トラブルはたくさんあります。例えば、会社の売上が目標数字に遠く、とてもじゃないけど達成する事ができない状況の時に、頼りがいのある男は『何とかしよう。いけるかもしれない。頑張ろう』と思って、必死で考えて、行動します。

頼りない男は 『もう何もできない。絶対に無理。頑張っても一緒』と思って、諦めます。おそらく目標数字に達成する事はできないでしょう。だけど、目標数字に近づいているのは必死で考えた方ですし、その後の会社の業績を伸ばすのも必死で考えた方だと思います。

 頼りない男は未来を見る事ができず、自分の可能性を狭めています。そこを女性は感じ取って『頼りない』と思うのです。時間軸を今ではなく未来に広げる事で、諦めない男になることができるのではないでしょうか?

 チャレンジしない

子どもの頃は、何に対しても好奇心旺盛で、目をキラキラさせてチャレンジしようとします。将来の夢は総理大臣という子も多く、自分にできるか?できないか?ではなく、やりたい!なりたい!と常に前を向いて物事を捉えています。自分の可能性を信じているんですね。

成長していくにつれて、自分にはできない、自分にはなれない、と諦めるようになり、自分の可能性を狭めていってしまうのですが、 頼りがいのある男は『頑張ればできるんじゃないか?』と思って、チャレンジする事を止めません。ちょっとでも可能性があれば、子どもの時のように『やりたい』『なりたい』と思って行動します。

逆に頼りない男は可能性を信じる事ができず、 初めから『自分にはできない、なれない』と思って行動しません。自分自身の可能性を諦めているような感じで、そこに女性は物足りなさを感じるのです。

 怒れない

何かに対して怒るのはとても疲れる事です。イヤな事があっても、イライラを自分の中で処理したほうが、表に出すよりも疲れずに済みます

しかし場合によっては怒らないといけない事もあります。たとえば、彼女との記念日にちょっと良いレストランに行った時、オーダーした料理を忘れられていて、それを伝えた時のスタッフの対応が悪かった場合、自分のイライラだけでなく、彼女の気持ちを守らないといけない。その店やそのスタッフにとっても改善しないといけない事でしょう。

頼りがいのある男は、こういう場面でキチンと怒りを伝える事ができます。あくまで紳士的に、どこに対して怒りを感じたのかを、相手に分かるように伝えます。

逆に頼りない男は、怒ってイヤな顔されたらどうしようとか、言うのが面倒だな~と思って、怒ろうとしません。怒ることができないのです。彼女の気持ちとか、その店、そのスタッフの事ではなく、 自分の事だけ考えているのです。そこに頼りなさを感じるのですね。

 すぐに落ち込む

仕事をしていると、失敗の連続です。何か新しい事を始めた時には、失敗して当然でしょう。失敗から学ぶこと、次に失敗しないように対策を取ることは重要ですが、 落ち込む必要はありません

失敗するのは誰でもイヤですが、落ち込む事に意味はありません。 落ち込むのは、自分の気持ちを守りたいと思うからです。

失敗した事ではなく、失敗してイヤな気分になった 自分の気持ちに意識がいっているのです。

『オレはなんてできない男なんだ』『オレなんかいなくても良い』と思う事で、自分の気持ちを守ろうとしています。だけど、失敗した事(例えば商品の納期が遅れている事)は何ら変わりません。

頼りがいのある男は、どうすれば失敗を最小限に抑えられるか?どうやったら成功するのか?、失敗した事に意識を集中させる事ができます。そこを女性は見ています。



スポンサードリンク


コメントを残す