2回目のデートで告白してはいけない理由とは!?


friends-640096_640



スポンサードリンク

好きな人と今すぐ付き合いたい!

と思いますよね。

さすがに初デートで告白はしなかったけど、脈がありそうだったから2回目のデートで告白しよう!と思っていませんか?

その気持ちはとてもよく分かりますが、下に書いた条件に当てはまる場合は2回目のデートで告白するのはオススメできません

告白しない方がいい場合
・相手の女性が25歳以上
・今回の恋愛で上手くいけば結婚したいと思っている

なぜ、2回目のデートで告白してはいけないのか?
その理由をご紹介します!



スポンサードリンク

25歳以上の女性は想像以上にシビヤ

初デートで脈がありそうだと思ったあなたの感覚は合っていると思います。
恐らく相手の女性はあなたに好意を持っているでしょう。

しかし、 25歳以上の女性は、男性が思う以上に付き合う相手を吟味します

20歳前後の場合は、見た目がカッコいいとか、付き合ったら楽しそう、など気軽な感じで付き合えますが、25歳を過ぎたあたり『結婚』が頭に入ってきて、相手の収入、健康度、価値観、性格、趣味、、、、、色々な面を見てから付き合うかどうかを判断するようになります。

1回目のデートでは全て見る事ができず、『何となく良さそう』ぐらいにしか思っていません。2回目のデートで相手の良い所を知って、好意から『好き』という心境に変わりますが、まだ心の整理が付いていない状況です。

そんな状況で告白するとOKをもらえるかも知れませんが、心の整理が付いていないので『とりあえず付き合おう』ぐらいにしか思っていません。

付き合って何回かデートをして『やっぱり違う』となって別れを切り出される可能性が高いでしょう。

簡単に手に入った幸せは大切にしない

 男性は付き合った瞬間が一番幸せな時になります。男性には『狩り』の本能があって、欲しい獲物(好きな女性)をゲットした時に、その本能が刺激されるからです。

そして、付き合った後は段々と気持ちが冷めていきます。そのスピードは手に入れるまでの苦労度合で変わり、苦労して手に入れた場合はスピードが遅くなり、簡単に手に入れた場合は速くなります。

また、男性は所有意識が強いので、 苦労して手に入れた物ほど大切に扱おうと思います。3980円で買ったカバンと39800円で買ったカバンとは、大切にする度合は違いますよね。

女性をモノ扱いしてはいけませんが、男性は女性に対しても所有意識が働き、 2回目のデートで付き合えた彼女と、4回目のデートで付き合えた彼女は、重みが違うんですね。

あなたが結婚を考えているのであれば、2回目のデートで告白するのではなく4回目のデートで告白するのをオススメします。



スポンサードリンク


コメントを残す