部下のやる気を出させる3つの方法


3d660410c8791773de76d696028e21ca_s



スポンサードリンク

部下がやる気は上司の行動に掛かっています

常に上昇志向のある社員以外は、基本的に仕事が嫌いです。
できれば、仕事をしないでお給料だけ欲しいと思っています。
そんな社員も、上司の働きかけで熱血社員に変えることができます。

ポイントは『欲求』と『目標』と『期待』

部下のやる気を出させる3つの方法をご紹介します



スポンサードリンク

部下の欲求を満たしてあげる

部下のモチベーションあげる為に一番大切な事は、部下の欲求を満たしてあげる事です。仕事に関する欲求としては以下の3つがあります。

1⃣自分で決めたい
指示された仕事をこなすだけでは、モチベーションは上がりません。仕事の段取りから、意思決定まで自分でできるようになって、初めて仕事が楽しくなるのです。新人であっても、ある仕事を任せたら向こうからアドバイスを求めてくるまで何も言わないようにする事で、自分でやった感が出てモチベーションが上がります

2⃣誰かの役に立ちたい
誰でも、人の役に立てたら嬉しいものです。自分が必要とされていると感じて、自分の仕事に誇りを持つようになります。特に男性は自分の能力を発揮して、目標を達成する事に喜びを感じやすいので、今の仕事よりもちょっとハードルの高い仕事にチャレンジさせてあげると、モチベーションが上がりやすいでしょう。

3⃣同僚や上司から認められたい
自分の仕事が役に立っていると感じる事ができるのは、お客様から『ありがとう』と言ってもらう事と、同僚や上司から『君のおかげで助かってる』と言ってもらう2通りのパターンがあります。特に消費者と直接かかわらない部署の場合は、上司が積極的に認めてあげる事が重要です。

社員が立てた目標は評価しない

モチベーションを上げるためには目標を立てる事が重要という事で、どこの会社でも今期の目標を立てていると思います。

だけど、現実は形式的なものだけでしかなく、部下自身は 目標を立てさせられていると感じてウンザリしています

目標は自分で立てるものであって、強制的に立てさせられるものではありません。目標達成度合いに応じて賞与とか昇給を変える会社がありますが、達成できそうな目標しか立てないという状況になってしまい、ますますモチベーションを下げる事になります。

 目標を立てる事は良いですが、それを強要しない。ましてや評価に連動させてはいけません。面談の時に『自分の為に目標を立てておいてね。その目標は言わなくてもいいよ』ぐらいの言い方に留めます。モチベーションが上がれば自然と目標を立てるものです。

期待している事を伝える

人は 期待されるとその期待に応えたいという心理作用が働きます。上司に期待される事で『自分は必要とされているんだ』と感じて、モチベーションが上がります。

できる上司は、部下の能力を見極めて今の能力だとちょっと難しい仕事を与えます。そして、部下が不安を感じないように、その仕事をこなせる能力が部下にある事、自分は期待している事を伝えます。すると部下はやる気満々で仕事に臨むのです。とても単純な事ですが、これができていない上司がたくさんいます。

きちんとした面談の場で伝えなくても、 仕事を振る時に『期待してるよ』と言うだけでも良いので、言葉に出して伝えてあげてください。

できなかった事を責めず、できた事を褒める

会社を辞める理由はたくさんありますが、根底には『評価されていない』という気持ちがあります。自分はこれだけ頑張っているのに、なぜ上司は認めてくれないんだ、という思いでいっぱいです。

できない上司は部下のミスばかりに目がいってしまい、『OOの部分ができてなかった』『君はOOができてないね』と 出来てない所ばかりを指摘します。

成長させるためにはミスを直す事も必要ですが、できていない所ばかりを言われると『自分の事を分かってくれない』と感じてモチベーションが下がります。

 ミスを指摘するよりも、良い所を褒めてあげましょう。短所を改善するよりも長所を伸ばす方が圧倒的に速く成長するし、モチベーションも上がります。



スポンサードリンク


コメントを残す