アパートの更新料を支払わないようにする裏ワザ


db35870514e67f09be2b0f6ddc74d23c_s48
賃貸契約の更新が迫ってくると、不動産会社や大家から更新の意思確認の連絡が来て、更新となれば契約書が送られてきます。

新しい賃料を確認して(大体は同じ賃料)、捺印すれば手続き終了です。あとは更新料として新しい家賃の1か月分、場合によっては1か月半か2か月分を支払って、契約期間を2年間延長、、、、、

ちょっと待って、更新料って何?
誰に、何の為に支払うの?
もしかして、支払わなくてよくない?

って事で、更新料を支払わなくて済む方法、支払うにしても値下げする方法をご紹介します。不動産屋が怒るので、不動産会社にはナイショね 「アパートの更新料を支払わないようにする裏ワザ」の続きを読む…


賃貸物件選びで失敗しない為の内見テクニック!!


db35870514e67f09be2b0f6ddc74d23c_s47
賃貸物件選びで失敗したくない

と思っていても、私たち借り手側には情報があまりに少なく、
結局『この物件はオススメですよ』という不動産屋の営業マンの言葉を信じて契約するのが現実です。

しかし、いざ住み始めると
 スーパーや保育所が遠く、交通の便が悪かったり
 前の立ってるビルが原因で日当たりが悪かったり
 近くに幹線道路や大型の公園があってうるさかったり、、、

こんなはずじゃなかった!!

となってしまんですよね。
住み始める前に、極力そういうトラブルは避けておきたいものです。
そこで、重要なのが物件の内見・下見です。

内見と言えば、間取り図で気に入った物件を4,5件ピックアップして、
不動産屋の営業マンと一緒に回るというイメージですが、それが失敗の原因です。

別に呼び方は何でも良くて、要するに良い環境で住むことができるかどうかが重要です。
その為の内見・下見の方法をご紹介します
※前回の記事も合わせて読んでみてください
「賃貸物件選びで失敗しない為の内見テクニック!!」の続きを読む…


賃貸物件選びに失敗しないコツ~不動産屋との交渉術~


db35870514e67f09be2b0f6ddc74d23c_47
賃貸物件で失敗しないためには、不動産屋がカギを握っています

前回の記事では良い不動産会社の選び方などをご紹介しました。
今回は、選んだ不動産会社との有利に交渉する為のテクニックをご紹介します。

 不動産会社が良く使う営業トークに引っかからない為の方法とは?
 不動産会社を味方につける為のちょっとした秘訣とは?
など、不動産会社にカモにされず、使い倒す方法をご紹介します!!

不動産会社と交渉する前にやるべき事

まず、不動産会社にコンタクトを取るために、絶対に譲れない条件を決めておきましょう。
絶対に必要な条件としては
1⃣家賃
管理費も含めて月何万円まで出せるか?
2⃣広さ・間取り
絶対に必要な部屋数、広さは?
3⃣住むエリア
駅から徒歩何分以内の場所?

これらを決めずに不動産会社にコンタクトを取るとどうなるかといえば、カモになります。
不動産会社から「ちょっとだけ予算をオーバーしますが、かなりオススメです」と言われて、3000円ぐらい高い物件を見せられ、「良いかも」と思ってしまってそのまま契約、ってパターンになります。

1か月3000円高いと1年間で3万6千円、2年間で7万2千円も損する事になります!!不動産会社のカモにならない為に、条件はキッチリと固めておきましょう。そして、不動産会社にコンタクトを取る時は「~くらい」とか「~かも」など曖昧な言葉は禁物です。そこに弱みを感じ取られカモになってしまいます。

「家賃は管理費込で8万円以内。それ以外の物件は不要です」とか「駅から徒歩10分以内の物件だけ紹介お願いします」など、言い切り型の言葉遣いにしましょう。

不動産のよくある営業トークに惑わされない!

不動産業界は悲しいもので、私たち一般人からはブラックボックスになっています。特に物件情報は不動産会社しか知る事ができない部分なので、不動産会社の営業マンに「このエリアでは、ここ以外におススメできる物件はありません」と言われると、「そうなんだ」とつい信じてしまいます。

それが罠なんです。

その営業マンだと確かに案内できる物件はないでしょう。しかし、他の不動産会社に行くといくらでも物件が出てきたりするんです。このようにウソではないけど営業マンの言葉に惑わされて失敗するケースが多いので、しっかりと営業マンのトークの裏側に隠されている秘密を把握しておきましょう。

1⃣今日の夜に決まってしまうかも知れません
「内見が今夜に入っているから、今夜で決まるかも知れません」
「他にも内見が入っているので、今週の土日で決まると思いますよ」
これは、確かに可能性はあるのでウソではありません。

でも、もしこの物件がダメでも他にも物件がありますし、探しているうちに新しい物件も出てきます。よっぽど気に入って即決めしたいと思わなければ、1日~2日ぐらい冷却期間を持ちましょう。仮に他の人に取られても、その物件とは縁が無かったと思えば良いだけです。

2⃣かなりオススメの物件です
何を持ってオススメなのかは営業マンではなくあなた自身が決める事です。
つい営業マンの言葉を信じて契約しそうになりますが、営業マンはあなたと違い売り手なので、立場が違う事を頭に入れておきましょう。

内見した時に、どこが良いのか、どこが悪いのか冷静に判断し、営業マンの「かなりオススメです」には耳を傾けないようにしましょう。

3⃣いくらまでなら出せますか?
この言葉はあなたの心の隙間をついています
家賃を事前に伝えていますが、大体の人はその基準が曖昧であり、ちょっとぐらいオーバーしても良いと思っています。

その心の隙間を営業マンはついてきます。仮に事前に伝えていた家賃の上限が8万以内だとして、この質問に8万5千円と答えてしまうと、カモになってしまいます。8万5千円以内の気に入りそうな物件をバンバン紹介し、家賃の上限を引き上げてくるでしょう。この質問が着たら迷うことなく事前に伝えた金額を伝えましょう。

4⃣どこに行っても同じですよ
こんな言葉で引きとめようとする業者がいますが、前回の記事でもご紹介したように、大手不動産会社でも知らない物件が多数存在します。

どこに行っても同じという事はあり得ないのです!!それなのにこんな言葉を掛けてくる理由は、一般消費者の無知に付け込んでいるからです。そんな不動産会社は速攻で切りましょう。

5⃣引っ越しはいつごろですか?
この質問にはどのように答えますか?
「2週間後に引っ越ししないとイケなくて、、、」と答えた瞬間、カモ扱いです。
家賃交渉に限らず、すべての交渉事で焦りを見せるのは禁物です。
焦っているのは余裕がない証拠で、交渉事では劣勢に立たされます。
色々な脅しをかけてきて、気が付けば高値で契約させられているでしょう。

この質問に対するベストな答えは
「良い物件があれば契約しようと思います」です。
例え、今住んでいる物件の退去期間が迫っているとしても、それを伝えてはいけません。
何事も余裕を持つことが交渉事を進める為の鉄則です

不動産会社に気に入られるコツは!?

不動産会社に気入られるためには
1⃣借りる事に本気である
2⃣良い借り手である
と思わせる事が必要です。

1⃣借りる事に本気である
重要な事はレスポンスの早さです。
不動産会社は本気で借りるかどうか試すために、案内した物件に対する反応を見ます。せっかく案内しているのに、何の連絡もなければ「借りる気がないんだな」と判断されてしまいます。

案内された物件がへんてこな物であっても「もう少し駅近で、広めの物件をお願いします」など早めに連絡をしましょう。

2⃣良い借り手である
家賃の滞納がない借り手である事を証明しましょう
しっかりとした企業に勤めていて、収入があれば問題ないのですが、
あなたがフリーターの場合は注意が必要です。今の賃貸で家賃滞納がない事や、家賃を支払える経済力がある事をアピールしましょう。

その他にも、「自分はお客様だ」という態度は厳禁です。
態度の悪い客は、後にトラブルになりやすく、優良大家の物件を薦めてきません。
誠実な対応を心がけるようにしましょう。

不動産会社にコンタクトする時期は?

不動産会社に初めてコンタクトをとるオススメの時期は、12月下旬~1月上旬です。物件が動き出す時期で、不動産会社も気合が入ってきます。この時期に不動産会社の営業マンと仲良しになる事で、物件が出てきたらすぐに案内してもらえます。

また、物件を見に行くのは金曜日の夜がオススメです。
金曜日には土日に案内する用の物件が多数揃っており、他の内見する人も少ないので営業マンを独り占めする事ができます。
金曜日に内見して、ビビッと来た物件は土曜日に再度見に行って、他の人が決める前に決めてしまう事ができます。


賃貸物件選びに失敗しないコツ~不動産屋の選び方~


db35870514e67f09be2b0f6ddc74d23c_46
賃貸物件選びで失敗しないためのカギを握るのは不動産屋選びです。

不動産屋を介さずに大家と直接やり取りできるサービスも出てきていますが、
まだまだ、不動産会社頼みの業界ですので、いかに良い不動産会社を選ぶかが重要です。

 不動産会社と地域密着の不動産会社のどちらを選ぶか?
 新しい不動産会社と古い不動産会社のどちらを選ぶか?

良い不動産会社の選び方についてご紹介します! 「賃貸物件選びに失敗しないコツ~不動産屋の選び方~」の続きを読む…


賃貸物件選びに失敗しないコツ~営業マン~


どうも、不動産会社の営業マンが信用できない、、、。
d1c1a1a8c561e8c914c1f5309c5e2f67_25

 希望の賃料を伝えたら、その賃料を超える物件を薦めてきたり
 希望の地域を伝えたら、全く違う地域を薦めてきたり、

ホントに話聞いてたの??

と思うような営業マンが多くありませんか?

賃貸物件選びに失敗しないために、デキる営業マンを見分ける方法をご紹介します。

「内見するする時に騙されたくない」という人はこちら
「物件選びで失敗したくない」という人はこちら
「家賃交渉で家賃を引き下げたい」と思う人はこちら
「ペット可物件を選ぶときの注意点を知りたい」という人はこちら

「賃貸物件選びに失敗しないコツ~営業マン~」の続きを読む…