職場の人間関係を良くする5つの方法


0fdedccf17b46d5a7ceae897cbac3316_s



スポンサードリンク

楽しく仕事をするために、一番大切なのは職場の人間関係ですよね。
上司との関係、部下との関係、同僚との関係、取引先との関係、
仕事と聞くと無機質な感じがしますが、結局は人間同士の繋がりです。

人間関係は仕事の成果に直結する

人間関係がスムーズになれば、コミュニケーションがスムーズになり、
仕事のスピードが上がり、ミスが少なくなり、モチベーションが上がります。
自然と業績も上がっていくでしょう。

人間関係を良くするためにはどうすれば良いのか?
職場の人間関係を良くする5つの方法をご紹介します



スポンサードリンク

見た目に気を使う

人は第一印象に引きずられて相手を評価します。明るくてハキハキものを言う人だったら、『きっと仕事ができるんだろう』と思います。逆に暗そうな感じでボソボソと話されると『きっと仕事もできないんだろうな』と思います。

その人の持っている『こういう見た目の人はこういう人』という固定概念にどうしても引きずられてしまいます。どれだけ内面が素晴らしい人であっても、見た目がイマイチだったら損をするので、見た目には気を遣いましょう。

相手を褒める

人は誰でも『褒めて欲しい』と思っています。そして 好意の返報性という心理作用が働き、褒めた相手の事を好きになります。

同僚の褒めポイントを探して、どんどん褒めていきましょう。ただし、本心で思っていない事を褒めるのはNGです。その気持ちが表情のちょっとしたところに表れて、相手にばれてしまいます。

共通点を探して伝える

出身校が一緒というだけで、親しみが湧いた経験がありませんか?人は自分と 共通点がある相手に対して好意を持ちやすい傾向があって、心理学では類似性の原則といわれています。

出身地、趣味、好きな音楽や食べ物、など会話の中で共通点を見つけて、相手に伝えましょう。

一緒に食事に行く

飲み二ケーションが死語になった感じがしますが、 人と距離を縮めるためには、一緒に食事をするのが一番手っ取り早い方法です。

美味しいものを食べているので気分も良いし、ご飯を食べていると心もオープンになりやすいので、コミュニケーションを深める事ができます。

自分の事を話す

会話は、自分の事を話さず相手の話を聞くことが大切と言われますが、初対面ではこの法則は通用しません。相手がどういう人物か分かっていないのに、自分の事をべらべらと話し人はいませんよね。

相手の事を深く知るには『私はあなたに好意を持っています』という事を分かってもらう必要があります。

その為に、 初めのうちは積極的に自分の事を話ましょう。出身地、趣味、特技、家族、などプライベート情報を出せば出すほど相手の警戒心を解くことができます。



スポンサードリンク


コメントを残す