3回目のデートでキスをしてはいけない理由とは!?


164bf33ef9bcef73ef1398fb5270bb09_s



スポンサードリンク

好きな女性とキスをしたい

男なら誰にでもある願望ですよね。そして、その願望を3回目のデートで果たそうとするのですが、 女性の心理から考えると3回目のデートでキスをするのはちょっと早いと思います。

男性は付き合うまでが盛り上がりのピークで、付き合えた瞬間に幸せのピークを迎えます。一方で女性は、付き合った後に幸せを高めていきたいと思う傾向があって、女性からすれば 『別に付き合う前にキスしなくても良い』のです。

気持ちが自然に向かってキスする場合は良いのですが、キスをしたい感を出してくる男性に抵抗のある女性もいます。

特にキス願望の強い男性に多いのが、まだ手を繋いだ事もないのに、いきなりキスに行こうとして失敗してしまうパターンです。

女性の心理を分からずに強引に行ってしまうと、決まりかけていた恋愛も破談になってしまう場合もあるので、この記事を読んでからもう一度3回目のデートでキスするかどうかを考えてみてください。



スポンサードリンク

 女性の警戒心は男性が思っている以上に強い

女性は 男性が思っている以上に男性の事を警戒しています

男性に力では敵わないので、意識のどこかに『身の危険』を感じていて、初めて会った男性の場合、まず『安全な人かどうか』を確かめるぐらいです。

身体に触れられる事に対して抵抗感のある女性も多く、たとえ好意を持っている男性でも、触れられた瞬間『ビクッ』と無意識に反応してしまう事があります。

相手の女性が恋愛経験豊富な場合は、そういう場面を何回も経験しているので、3回目のデートでキスをしてもOKかもしれませんが、それ以外の場合は、避けた方が無難です。

 女性は『軽く見られたくない』と思っている

女性はみんな『男性に軽くみられたくない』と思っています。恋愛経験が豊富な女性の場合は、キスはあいさつ程度の行為ぐらいに思っていますが、ほとんどの女性はキスを重大な行為と捉えています。

上でもお伝えしたように、女性にとって身体に触れる事は、男性が思っている以上に心理的ハードルが高く、キスする=相手に100%気持ちを許している、ぐらいに思っている人もいます。

『軽い女に見られたくない』という意識があるのに、たった3回のデートで、 まだ付き合うかどうかも決めていない段階で、『あなたに気持ちを許しています』という事を伝えるキスはできないのです。

 女性は『大切にされたい』と思っている

女性なら誰でも『男性に大切にされたい』と思っています。自分の事を一番に考えて行動してくれる、そんな男性を求めているのです。

最近はフランクになっているので、付き合う前にキスをするケースも多いと思いますが、そんな中で キスをせずに手を繋ぐぐらいで留めるような男性を見ると、『私のことを大切に考えてくれてるんだな』と思って安心するのです。

逆にキスをしたい感を出されると『身体が目当てなのかな?』と不安になる可能性があります。キスは付き合ってからいくらでもできるので、まずは女性の気持ちに寄り添って、キスはお預けにする事をオススメします。



スポンサードリンク


コメントを残す