夫婦円満の5つの秘訣


7f7ab4d30a346a3462d305ae3fbe1d8e_s



スポンサードリンク

結婚すると、必ず出てくるパートナーへの不満。
特に、妻はガサツな夫に対して不満を持ちやすく、

 トイレする時は便座を下げろ!
 風呂掃除ぐらい手伝え!
 脱いだ靴下をそのままにするな!

と不満が蓄積していって、ドッカーン!と爆発してしまいます。
そんで、気づいた時には離婚してたなんて事に、、、、。

せっかく好きになって結婚したのだから、夫婦円満に過ごしていきたいですよね?
夫婦円満に暮らすには、どうしたら良いのか?
夫婦円満の秘訣を5つご紹介します!



スポンサードリンク

 夫婦円満の秘訣 『目的を共有する』

一昔前までは女性は経済的に自立できなかったので、妻にとっては 『生きる事』が夫婦になる大きな目的でした

だけど、今では男性と同じ給料を貰っている女性が増えたため、 結婚せずとも一人で生きていく事ができるようになり、夫婦になる目的が無くなりました

夫婦になる理由が分からないという女性が増えていて、生涯独身でいる事を決めた人、結婚せずに子どもだけ欲しいという人、結婚するけど夫の面倒を見るのに疲れて離婚を選択する人が増えました。

仕事と同じように、目的がなければ何かトラブルがあった時にぶれてしまいます。『生活の基盤を作る』とか『子どもを育て上げる』など、 その時々に応じた夫婦の目的を共有すれば、ケンカになった時も修復しやすくなると思います。

 夫婦円満の秘訣 『お互いに納得する役割り分担を決める』

今は夫も家事育児に参加する時代ですが、 夫が思う家事育児の参加度合と妻が思う参加度合は全く違っています

夫の中には『男は仕事、女は家庭』という意識がどこかにあって、ゴミ出しとか、オムツ換え程度で『家事をしている』と思っています。

妻からすれば、そんな事は家事育児のほんの一部で『その程度の事で家事や育児をしていると思うな!』と思っています。z

統計でも、妻の家事育児時間は約8時間、夫は約1時間という結果が出ていて、 ほとんどの家事育児を妻が担っている状況で、妻の不満は溜まる一方です。

妻の不満を溜めない為にも、お互いに納得する家事育児の分担を決める必要があります。

 夫婦円満の秘訣 『加点法で評価する』

夫婦と言っても所詮は他人同士。性別が違う、育ってきた環境も違う二人が同じ屋根の下で暮らしていると、自分のライフスタイルと違うところが出てくるのは当然です。

トイレの便座を下げるか否か、朝ごはんはパンかご飯か、など日常生活の細かい違いがたくさん出てきます。

そんな違い対して『イラッ』とするのではなく、我慢できる所と我慢できない所を分けて、お互いに歩み寄りましょう。

そして、 相手のマイナス面を見るのではなく、良い所を見つけるようにすれば、不満もそれほど溜まらず、夫婦円満にやっていけると思います。

夫婦円満の秘訣 『不満をぶつけず、気持ちを伝える』

パートナーに対して不満があった時に、『もっとOOしてよ!』と相手を責めたり、不満をぶつけたりします。

責められたり不満をぶつけられると、相手も戦闘態勢に入ってしまい、ケンカに発展なんて事になってしまいます。

ケンカするのは仲の良い証拠と言いますが、現実は ケンカすると仲が悪くなる事がほとんどです。

ケンカに発展させない為にも、不満をぶつけるのではなく、『私はOOと思ってる』と自分の気持ちを伝えましょう。その上で、 どこで折り合えるか話し合う事で、お互いが納得できる結論に至ることができます

 夫婦円満の秘訣 『逃げ道を作っておく』

夫婦と言っても他人なので、 ずっと一緒にいると疲れてしまいます。特にマンションで賃貸暮らしの場合は共有スペースしかなく、一人になれる場所がないという夫婦も多いのではないでしょうか?

一人になれる場所、ケンカしても逃げれる場所を作っておきましょう。実家であったり、兄弟や友達の家であったり、カフェであったり、、、、

また、 一人になれるようにお互いが協力する事も大切です。1か月に1回は実家に戻る事や、妻が家を空ける日は、夫が家事育児をする事を話しておくと、夫婦生活に息が詰まらずに済みます。



スポンサードリンク


コメントを残す