夫婦喧嘩をしない6つの方法


c3b8c322e6f783c769dd85275f9d01191

夫婦生活を送っていると、相手に対する不満が発生するのは当たり前の事です。
その不満を解消する手段の一つとして、相手に直接伝える方法がありますが、

話し合いではなく、夫婦喧嘩になってしまう

イライラしているのもあって、どうしても言い合いになってしまうという夫婦は多いものです。どうしたら、夫婦喧嘩にならずに話し合いで解決できるようになるのか?

実は、ちょっとした技術があればそれを実現する事ができます。
夫婦喧嘩に発展しない6つの方法をご紹介します!



スポンサードリンク

 2段階に分けて話し合う

ケンカになるパターンは、一方が不満をぶちまけて、片方がその不満に反撃して、お互いに感情が高ぶっていって、やがて言い合いに発展するという感じです。

ケンカにならないようにするには、 感情的になる前に相手の主張を整理する必要があります。

特に不満を言われた方は、相手にまくし立てられて、その場で言いかえす事ができない場合が多いので、相手のペースに陥らないためにも、一度冷静になる時間が必要です。

『ごめん、考えが整理できてないから後で話したい』と言って、まずは相手の主張を聞き、頭の中で整理したうえで、再び話し合うようにすると、お互い冷静になって話す事ができます。

 話し合う姿勢を作る3つのポイント

相手を刺激しないようにする姿勢があります。特に女性はケンカになると、どうしても感情的になってしまうので、少しでも感情的にならずに話し合いをするために、以下の3つの姿勢を取るようにしてください。

話合う時の姿勢
1⃣腕組みをしない
2⃣相手と目線を同じにする
3⃣相手の目を見て話す

 相手の発言を整理する

相手があなたに不満を伝えてきた時に、あなたを責めるような口調で言ってくるので、つい反撃したくなりますが、そこをぐっとこらえて、まず相手の発言を整理しましょう。

『あなたが言いたいのはOOって事だよね?』

と、相手に確認しながら進めていくと、相手が何を言いたいのかを整理する事ができます。

 相手の言う事を肯定する

不満をぶつけた方も、不満をぶつけられた方も、相手に対して負けたくないという気持ちから、 相手の言う事を何でもかんでも否定したいという気持ちになっています。

『あなたの考えは違う』と否定されると、余計に感情的になってケンカがエスカレートしてしまうので、そうならない為に、 正しいと思った事は素直に認めるようにしましょう

自分の考えと違っていても、『あなたの言う事は理解できる』と相手の言っている事を受け止めている事を伝える事で、相手を刺激せずに済みます。

 相手を威嚇しない4つの言葉

『それは違う』『絶対にそんな事ない』『あり得ない』など、断定的な言い方をしてしまうと角が立って、相手を余計に刺激してしまうので、別の可能性を残す言葉を使うのがオススメです。

威嚇しない4つの言葉
・たぶん
・もしかしたら
・どうやら
・ひょっとして

 相手に解決策を聞く

話すのが面倒くさくなると『OOしたら良いんでしょ?』とか『これからはOOするよ』というように、自分で解決策を出して、早く終わらせようとしますが、相手からすれば『何一人で解決した気になってるんだ。私の気持ちをぜんぜん分かってない』と思って、余計に感情的になってしまいます。

ケンカにならない為には 『二人で解決策を考える』という事がポイントです。

なので、『どうすれば良いかな?』とか『私はOOと思うけど、どうかな?』というように、 相手に解決策を聞くようにします。解決しようという姿勢が感じられるので、相手の怒りも収まってくるでしょう。

男性の気持ち



スポンサードリンク

2140098941_ccd83bafec
意外と複雑な男性の気持ちを分かりやすく解説します。彼氏が欲しい人、彼氏の気持ちを知りたい人、夫の気持ちを知りたい人は必見です!!
男性の気持ちをチェック>>>

 

女性の気持ち

medium_5832204340
モテるために、彼女や妻との仲を深めていく為に、まずは女心を知る事が大切です!20代から40代の男性にオススメします。
女性の気持ちをチェック>>>

コメントを残す