夫婦がすれ違う5つの原因


9b75674f9dabf69d8402a452bca5c27a_s



スポンサードリンク

全てのカップルが『良い夫婦関係を築きたい』と思って結婚するのですが、夫婦関係が上手くいかない場合があります。

『浮気』とか『DV』など、明らかに不仲になる原因がないのに、相手の行動に対してイラッとしたり、?マークがついたりする事で、少しづつ相手から気持ちが離れていってしまうのです。

 夫婦関係が上手くいかないのは男女の違いを分かっていない事が大きく関係していると思います。夫婦がすれ違う原因となっている男女の違いをご紹介します!



スポンサードリンク

夫婦がすれ違う原因 『事実を解決したい夫、共感してほしい妻』

例えば、子どもが学校でイジメられているとしましょう。それを知った母親はショックを受けます。そしてその夜、夫に子どもがイジメに合っていた事を相談します。

すると夫は『学校にキチンとした対応を要求する』『相手の親と話す』『転校する』といったように、イジメをどうやって解決するか?について考えようとします。

ですが、妻はその事よりも 『不安な気持ちになっている子や自分に優しい言葉を掛けて欲しい』と思っているのです。

イジメを解決する事ももちろん大事ですが、その前に『不安』な気持ちを共感して欲しいのです。

夫がまずするべき行動は妻に『大変だったね、僕が対応するから安心して良いよ』と言ってあげたり、子どもに『気づけなくてごめんね。パパが必ず守るから安心して』と言ってあげる事です。

夫婦がすれ違う原因 『アドバイスしたい夫、気持ちを整理したい妻』

妻が悩みを相談すると、必ず夫は持論を展開して妻にアドバイスをしようとします。男性は自分の力で誰かの役に立ちたいと思う傾向があります。

妻の悩みを解決してあげる事で、妻の役に立っている俺ってスゴイ、と思いたいのです。

だけど、妻はアドバイスを求めていません。 ただ話を聞いてほしいだけなのです。

女性は頭であれこれ考えると、ちょっとしたパニックに陥ります。それを口に出して話す事で頭を整理したいのです。 頭を整理する事で自分の気持ちが整理できて、スッキリするんですね。アドバイスされるとパニック状態が悪化して、余計に不安な気持ちになってしまいます。

妻がアドバイスを求めている時は『OOってどう思う?』とか『OOとOOで悩んでるだけど、どう思う?』というように、夫に意見を求めてきます。それまでは、アドバイスせずにただ聞いているだけにした方が良いでしょう。

夫婦がすれ違う原因 『夫を良くしたい妻、上から目線がイヤな夫』

妻は夫を成長させたいと思って、色々なアドバイスをします。

特に男性はマナーに疎いので、親戚や近所との付き合い方や、冠婚葬祭のマナーなど、夫の為を思ってアドバイスしようとします。

『先にOOさんに挨拶に行ってね』『あなたは話す時に表情が硬いから笑顔を心がけるのよ』『挨拶する時には頭を下げてね』など細かいことまでアドバイスしようとするのですが、これが夫にとっては耐えがたい苦しみなのです。

 男性は基本的に人から教わることが苦手です。『教わる=負け犬』という意識があるからです。

自分から教えて欲しいと言った場合は、まだ気持ちは穏やかですが、教わりたいと思っていない事を教えてくる相手には『鬱陶しいな~』としか思いません。

結果的に、妻の夫を良くしたいと思って伝えるアドバイスは、夫の心には響かず、鬱陶しいだけの存在になるのです。

夫婦がすれ違う原因 『不安を聞いてほしい妻、防御する夫』

夫婦関係で不満が貯まるのは、主に妻の方です。夫のガサツな行動や言動にイラッとしたり、『愛されてない』と感じたりして、不満を持ったり不安な気持ちになったりします。

自分の気持ちを夫に分かって欲しいと思って夫に伝えるのですが、『なんでOOしてくれないの?』とか『なんでOOできないの?』といった感じで、 夫を責めてるような口調になってしまいます

すると夫は防御態勢に入って『それはOOだからだよ』とか『ちゃんとやってるよ!』など反論してしまい、ケンカに発展するんですね。

不安な気持ちや不満に思っている事を夫に分かって欲しいだけなのに、これでは余計に負の感情が溜まってしまいます。

夫に伝える時は『私はOOと思ってて不安なの』とアイメッセージに変えてみてください。また夫は、妻が不満を口にした時は、気持ちを分かって欲しいのだなと思うようにしましょう。

夫婦がすれ違う原因 『物にこだわる夫、自分にこだわる妻』

相手のお金の使い方にイラッとした事はありませんか?お金の使い方は価値観がとても現れる行動で、男女で大きな違いがみられます。

基本的に 男性は自動車や家電、フィギュアなど、『物』にお金を使います。男性は小さい頃からプラモデルやゲームなど物に興味があり、友達と遊ぶよりも一人で遊ぶ傾向があります。それが大人になっても続くのですね。

一方で 女性はファッションやメイク、エステなど、『自分』にお金を使います。女性は小さい頃からおままごとなど友達と遊ぶ傾向があります。

他人からどう見られているか、どう思われているかを気にするようになり、キレイ見られるため、カワイく見られるためにお金を使おうとします。

お互いに『なんであんなくだらない物(事)にお金を使うんだろう』と理解できず、つい相手のお金の使い方にケチを付けたくなりますが、ケチをつけてしまうと価値観を否定されたと思って傷ついてしまうので、グッとこらえましょう。



スポンサードリンク


コメントを残す