人を動かす為に大切な3つの事


14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s



スポンサードリンク

正論を言っているのに、言う事を聞いてくれないという場合があります。
逆に、大したことないのに、みんなが言う事を聞いてくれる人がいます。
別に賄賂を渡しているのではなく、圧力をかけているわけでもありません。
人が動く大きな要因は、

その人の事を信用しているかいないか

です。社会生活を送っていると、結論が出ない事とか良い悪いで判断できない事がたくさんあります。働いていたら、自分の考えとは違っても動かないといけない事がたくさんあります。

それは分かっているけど、やっぱり『やりたくない事はやりたくない』んです。そんな人を動かすためには、 『この人の為に頑張ろう』とか『この人が言うなら仕方がない』と思わせないといけません

人を動かすために大切な3つの事をご紹介します。



スポンサードリンク

自分が動く

人に何かして欲しいのであれば、 まず自分が動きましょう

仕事でよくあるのが『営業VS現場』のいざこざです。営業はお客様の要望を現場に伝えますが、現場は『現場の事を何も分かってないくせに』という思いがあって、営業に『それはできない』と伝えます。営業も『こっちがどれだけ頑張って仕事取ってきてるか分かってない』という思いがあるので、やがて喧嘩になって、上司が落ち着けるというパターンになります。

相手に 『何も分かっていない』と思わせない為には、相手と同じ行動をするのが一番手っ取り早い方法です。

まずは自分が動いて、相手の仕事を体験する。誰もやったことが無いのであれば、自分がやっている所を見せる。これだけで『コイツは信用できる』と思わせる事ができます。

人がやりたくない事をやる

人を動かすためには、尊敬されないといけません。尊敬される為に、難易度の高い資格を取ったり、大きな成果を残したり、会社の役員になるなど、大そうな事をしなくても構いません。

 人がやりたくない事を愚直にやり続けるだけで尊敬されます。例えば、会社のトイレ掃除や、同僚のデスクの拭き掃除を毎朝やり続ける、面倒くさそうな仕事を率先して引き受ける、これだけで尊敬されます。

人は結構そういう所を見ていて、『アイツ頑張ってるよな』と評価してくれます。それを続けていると、尊敬されるようになり、『コイツの頼みだったら聞こう』と思ってくれるのです。

徹底的にやりきる

何かをやり続けている人や、 一つの事を徹底的にやりきる人は尊敬されます。普通の人だったら『これは正しい』と思っていた事でも、人から『それは違うよ』と言われれば、心は揺らぐものです。

そんな中で、他人から批判されようが、自分が信じている事を、一生懸命になってやり続けている姿を見ると、『この人はすごい人だ』と思って感動させられるのです。

3つの方法をご紹介しましたが、ポイントは 『人は理屈ではなく感情で動く』という事です。どうやったら感情を動かせることができるか?を考えて行動すれば、人が動いてくれるようになると思います。



スポンサードリンク


コメントを残す